スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンブリッジの日々

8月1日

cambridge01.jpg

Mリの家。
共同の家庭菜園があり、新鮮な野菜が取り放題。
ネギとズッキーニがおいしかった。
Mリはかずえの大学時代の友達で、イギリス人と結婚して現在はケンブリッジ在住。

そのMリに案内してもらい、3人でケンブリッジ散策。
ケム川に架かる橋、ということからケンブリッジと街の名が付いた、そのケム川。

cambridge02.jpg

日曜日で観光客や地元の人々でにぎわっていた。

cambridge03.jpg

歴史ある大学の建物は観光スポットのひとつ。

cambridge04.jpg

素敵な街並みをバックに、Mリとかずえ。

cambridge05.jpg

大学の街というのに、高田馬場や西早稲田とはかなり雰囲気が違う。
なんか、こう優雅さが漂っていた。

遅めのランチにサンデーロースト。
イギリスでは日曜日はローストビーフを食べるのが習慣らしい。
1500年代創業のパブ“Eagle”へ。
日本が戦国の世だったさらに前からすでに建っていたパブで、今も食事。
がっつり食べたローストビーフの美味さも素晴らしいが、
未だに使われているこの店も素晴らしい。

食べすぎて夕飯は軽めに。
Mリの作ってくれた炊込みご飯とナス焼きがこれまた美味い。

ケンブリッジ、居心地のいい街だ。

8月2日

駅から20分も歩けば、緑豊かな田舎の風景。
ケム川に沿って広大な緑地が広がっている。

cambridge06.jpg

牛の放牧、ケム川での釣り、ジョギング、ピクニック、
ケンブリッジの人々の憩いの場になっていた。
ジョグするにはかなりいいコース。
月曜日の昼間で、あいにくの天気にもかかわらず、
休みを楽しむ人々がけっこういた。

cambridge07.jpg

雨宿り中のケム川。
ジョグしていた女性が靴を脱いで突然、川へ。
夏とは思えない涼しい雨の中、泳いでいた。
川は温かくて快適らしい。
これには船で川を行く人もびっくり。
でも天気がよかったらケム川で泳ぐ人は多いらしい。

3時のおやつに、かのサー・アイザック・ニュートンゆかりの地にあるカフェへ。
ここにあるリンゴの木から実が落ちたのを見て、万有引力がひらめいたとか。
庭のリンゴを見ていたら、一つ、ぽとりと地面に。
何かひらめいた気がした。

cambridge08.jpg

この庭、リンゴの木が果樹園のようにいっぱいある。
ニュートンは、一つの実が落ちるのを見て、引力を発見したかのようなイメージだったが、
実は、地面向かってぼとぼとと次々に落ちまくるリンゴを見て、
「リンゴが地面に引き寄せられている!?」とひらめいたのでは??
間違いない。

おやつに食べたスコーンはでかかった。
今日も夕食は軽め。でも日本食だとついつい食べてしまう。
スーパーで手に入れた納豆に、みそ汁。
恋しかったわけではないのに、いざ口にすると日本の食べ物は故郷の味だった。
美味いっ。

8月3日

ケンブリッジとMリの家があまりに居心地がよく、今日もまさかの滞在。
街をうろついて、H&Mでお買物。安く街着をゲット。
Mリが仕事に行っているというのに、ウチらは家でのんびり。
快適なイギリスだった。

cambridge09.jpg

Mリが仕事から帰ってくるのを待って最後の晩餐。
豚しょうが焼き。
三日連続の日本食を味わった。

お世話になったMリとお別れ。
次に会うのはMリが日本に帰ってきたときか。
別れに涙するかずえが振り返ったときにはMリはすでに家の中。
あっさりしたバイバイでしたとさ。笑

のんびりしすぎたせいでロンドンに着いたのは22時前。
そしてまさかのロンドンでバックパック難民。
空港へ行きやすいヴィクトリア駅周辺のホテルはことごとく満室。
高いホテルなら空きもあるんだろうけど、安いとこはどこもフル。

かなり駅から離れたとこのインド人経営のホテルも
前の人で最後の一部屋が埋まりフル。
やさしいインド人(正確にはインド系イギリス人)、
そのネットワークを駆使して他のホテル(多分インド人ネットワーク)もあたってくれるが、
残念ながらどこも満室ばかり。

安さ優先のウチら。
「明日早朝の出発なら」と、このおじさん、
ホテルの食堂を格安で提供してくれた。
テーブルをどかして、マットレスを運び込んで、
ロンドンの一泊は食堂で寝ることに。

london01.jpg

広さでは今まで一番だけど、なんか落ち着かない、こんな部屋。
どうせ寝るだけだし、安いので文句なし。ありがとう。
イギリスで、まさかのインド人のやさしさに触れた気がした。

せっかく立ち寄ったロンドン。
すでに23時前だけど、ロンドンの夜景を、ジョグで見て回る。

夜の街を走るアジア人の姿に、むしろイギリス人が驚いていたようだ。

london02.jpg

23時の鐘を鳴らすビッグベン。

london03.jpg

ウェストミンスター寺院。

london04.jpg

テムズ川の夜景。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

わざわざケンブリッジに来てくれて、私こそとっても楽しかったよ!ゆっくりして頂けたようで、何よりです。最後のバイバイの時、ごめん!(笑)その後、ロンドンでそんなことがあったなんてv-239でももうイタリアなんだよねー。私も9月に行くの楽しみv-238これからも気を付けて旅行続けてね。

>まり

ホントお世話になりました。
おかげさまで楽しいケンブリッジ生活を楽しめました。
また行くからね。笑

次、帰国したときにはまた日本で会いましょう☆
プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。