スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ突入のエーゲ海

7月14日

早朝の船でクシャダスを出る。なかなかいい街だった。
トルコにお別れ。あっという間だった気がする。

samos01.jpg

港に停まっていた豪華客船、間近で見ると10階建て以上の超大型豪華客船だった。

クシャダスからエーゲ海クルーズ。海が青い。
ギリシャのサモス島へは船で1時間半。
トルコ領からはわずか3キロ弱しか離れていない。

samos02.jpg

豪華客船とはだいぶスケールが違うけど、
ウチらにとってはギリシャへ渡る豪華客船気分。
そしてついにヨーロッパ。

エーゲ海でも穴場的な人気のサモス島は、
世界遺産のヘラ神殿や、ピタゴラスの生まれ故郷として有名。
港から見える白い家と赤い屋根の街並みが印象的。
けっこう大きな島で一周150キロくらいはあるかと。

地図も宿情報も無しで、他のバックパッカーに聞くもみんな情報無し。
ミコノス島に行くための経由地くらいのつもりらしい。
が、この島、観光地化されすぎてなくて、意外と居心地がいい。
船のチケット売り場で教えてもらったホテルも快適。
徒歩30秒でビーチという立地も素晴らしい。

7月15日

samos03.jpg

ホテルのすぐ裏のビーチで遊ぶ。
小さいビーチであまり人もこないので、静かに海を楽しめる。
昨日買ったシュノーケルが早くも活躍。
荷物が増えてしまったが、このままアフリカの海まで持って行こう。

samos04.jpg

サモスの街は雰囲気がいい。
まだミコノス島に行ってないけど、きっときれいさではいい勝負。
のどかさではもしかしたらこっちの方が上なのでは?!
と思ってみたり。

samos05.jpg

港近く。

samos06.jpg

海を眺めてのんびり。

samos07.jpg

その海の向こうから。

7月16日

島の移動手段は、2時間に1本程度のバスか、呼び出してのタクシー。
もしくは、レンタカー・バイク・バギー・サイクル。
ウチらが選ぶのは、もちろんレンタサイクル。

島特有の激しいアップダウンをレンタサイクルで爆走。
一日で4つのビーチを回り、海で遊びまくった。

サモス島の街中から自転車で45分ほど、
隣町の海外沿いには素敵な街並が広がっていた。

ギリシャの島って感じの街並みと青い海がこちら。

samos08.jpg

samos09.jpg

samos10.jpg

ビーチにはトップレスの女の子が何人も!
ヌーディストビーチでもないのに、なぜ?!
いいスタイルを見せびらかしてました。
写真は・・・載せられませんっ・・・

こちらは日の入りが8時40分くらい。
夕方6時7時でも海に入ってます。

samos11.jpg

自転車でそのまま海に入りそうに。

samos12.jpg

夕方6時過ぎの海の中。

samos13.jpg

サモスタウンの夕方。のつもりなんだけど、まだ太陽が高い。

9時前くらいまで海に入ってる人もいたりする。
ウチらも4つ目のビーチ、ホテル裏の海に入ったのは7時前。
それでも海は寒くない。
ここにもブラ無しのお姉さん。夕日に照らされて寝てる。
なぜか今日はみんな胸をさらしていた。
堂々としていて、なんかすごい。

明日、サモス島にバイバイ。
次は青と白のコントラスト、エーゲ海の楽園、ミコノス島へ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。