スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・カッパドキア

トルコからついにヨーロッパ、ギリシャに入りました。
エーゲ海の東、トルコから船で1時間半のサモス島に居ます。
ここからしばらく島生活。
ブログも追いかけます。


7月8日

ツール・ド・フランスがアルプスの山々にさしかかる頃、
世界遺産カッパドキアを自転車で回る1dayサイクリング、
ツール・ド・カッパドキアを勝手に開催した。

ギョレメの町をスタート・ゴールに、テーブルマウンテンを時計回りに走る全長約30キロのコース。
一度戻ってきたギョレメの町を抜け、カッパドキアを見渡すギョレメパノラマへの往復が勝負どころ。
多くの旅行者が挑み、灼熱の大地とアップダウンの連続に大苦戦するという難コース。

とは言ってもそれは普通の人の話。
レンタサイクルのマウンテンバイクとはいえ、ウチらにとってはどうってこと無かった。
まだなまりきってないようだ。

ガイドブックを持たずに行ったため、どこが観光スポットが把握しきれず。
車が多く停まってたり、人が多いとこが見所なんだろうということで回る。

cappa03.jpg

キノコ岩。知らずに写真撮ってた。

cappa04.jpg

ラクダ岩、の近く。ラクダ岩は小さかった。

cappa05.jpg

灼熱の登り坂も味わい深いきつさ。

cappa06.jpg

オルタヒサルのキャッスルのてっぺんから。
無料で入れた。

cappa07.jpg

石畳の急なダウンヒル。

cappa08.jpg

ギョレメパノラマから。

7月9日

早朝、宿からこの景色。

cappa09.jpg

多くの気球が浮かんでた。
岩に当たりそうな位置を通過。
宿からすぐのところに降りたようだ。

ギョレメからバスを乗り継いでデリンクユの地下都市へ。

cappa10.jpg

地下9階くらいまであるらしいが、
入れるのは地下4,5階まで。

cappa11.jpg

地下の教会跡だか食堂跡だか。

カッパドキア一体にはこういった地下都市がいくつもあるらしい。
しかもそれらが地下でつながっているとか、別のどこかに通じているとか。

変わった町の名前といい、迷路みたいな地下都市といい、ドラクエっぽく感じるのは私だけか?

夕日を見に、宿の裏側の丘に登った。

cappa12.jpg

こちらの日の入りは19時50分頃。
夕食後に半分ダッシュで登ってちょうどいいタイミング。

cappa13.jpg

夕日に照らされるカッパドキア。

cappa14.jpg

ギョレメの町に明かりが灯り始める。

cappa15.jpg

奇岩の家はこんな感じ。

そしてこの夕日の中、コリアン2人組、ヨナ&ウナと5度目の再会。
さすがにもうルートが違ってくるので、これが最後。
旅の後にまた日本か韓国での再会を願って涙のバイバイ。
かと思いきや、明日の朝、またここで気球を見よう!ということに。
また明日~。

7月10日

早朝5時半起き。気球が上がるのは早朝の穏やかなコンディションのときだけ。
今日もいっぱい気球が上がっていた。

cappa16.jpg

6時過ぎ、約束どおりヨナ&ウナ。
このひと月、一番会っていたのがこの二人だったな。

cappa17.jpg

同じ宿のコリアンも一緒に。朝からテンション高かった。

cappa18.jpg

気球がこれだけ飛んでます。浮いてます、が正しいのか?
風向きが安定しないらしく、降りるのに苦戦してた。
何より混み過ぎでしょ。36機までは数えられた。

宿から近いのにまだ行ってなかった、ギョレメオープンエア博物館へ。
奇岩が室内に収まらないのでオープンエアなだけか。
昔の奇岩の家とかを展示。
お墓跡には人骨がまだ残っていた。

今夜のバスでギョレメにさらば。
わずか3泊の滞在なのに、なぜか寂しくなる出発。
ウフクペンション、メンバーにも恵まれ、居心地良すぎ。

cappa19.jpg

そのみんな、Mサさん、Yミさん、Sキコさん、Eヴちゃんと。

バスの出発、偶然ウチらを見かけたヨナ&ウナも来て、みんなに見送ってもらい、
なんか久々にうるうるする出発だった。
みんな、ホントにまた会えることを期待してます。
Sキコさん、また来ますね。

そして豪華な夜行バスでカッパドキアからパムッカレを目指すのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

No title

1TL泥棒の宿主です!
素敵なご夫婦。
うっちゃんさん、かずえさん、
また会いましょうね~。
レイジーの出産はまだですよー!

>Sキコさん&Eヴちゃん

ギョレメの日本料理長、Sキコさん!
肉じゃが丼、また食べたいっ
親子丼も美味かった。

誕生日プレゼントにとはナイスな使い方ですね。

デイジー、じゃなくてレイジーの子どもも無事に生まれますように。
報告待ってま~す。
プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。