スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東の城、ラピュタ

7月3日

ハマからバスを乗り継いで2時間、
ラピュタのモデルになったと噂される城、クラック・デ・シュバリエへ。

そう言われるのも納得の城。
丘の上に建ち、見渡す景色はシリアとは思えない豊かな大地。
山の斜面にまで畑が広がっていて、肥沃なオアシスを思わせる。

クラック・デ・シュバリエ、城内は自由に歩き回れる。
好きなようにさまよってくれ、ということか。
城壁の上や通路内など、行けるとこは全て歩きつくす。
2時間弱、飽きることなく城を満喫。
ラピュタ、素晴らしかった。

hama04.jpg

hama05.jpg

hama06.jpg

hama07.jpg

hama08.jpg

hama09.jpg

hama10.jpg

帰りのバス、客が集まらずに割高料金。
それも許せるくらいのいいとこだった。

ホテルに戻るとまさかの再会。
ダハブ、ペトラ、アンマン、ダマスカスで会ったコリアン2人組、ヨナ&ウナ。
なんと4度目の再会。
明日の行き先も同じくアレッポ。
一緒に行くことにする。

ハマ最後の夜、ホテル近くの大衆食堂“アリババ”に4回目の来店。
よく来る日本人ということで店の人も覚えてくれている。
「ホンモス」と「ムタバル」、これがうまい。

hama11.jpg

7月4日

朝“アリババ”に5回目の来店。

hama12.jpg

よくしてくれたスタッフと一緒に。

ハマから北へバスで2時間、
シリア第二の都市で世界遺産の街、アレッポへ。

再会を果たしたヨナ&ウナとともにアジア勢4人組でバス。
人数が増えるとそれなりに楽しい。

アレッポではもちろん同じ宿。
日本人・韓国人ともに多いらしく、両国ともそれぞれ情報ノートがあった。

シリアのお金も減ってきたのでATM探し。
エジプトのハルガダではヒルトンにお邪魔したが、
シリアのアレッポではシェラトンにお邪魔する。
ホテルの中は別世界。とてもシリアとは思えない。
が、ATMからは引き出せず。
ビザ、マスター、プラス、シラス・・・
マークはいっぱいあるのに、ビザしか使えないとのこと。
ATMを探して街中をうろつく。
面倒だったが、アウディバンクで無事引き出し完了。
シリア、今のところアウディバンクしか引き出せる銀行、見つからず。

昼も夜も同じ店で食事。
歩き方にも載っている大衆食堂“ボルサイド”、安くてうまい。
ホンモスのおかわりもサービスしてくれた。
アレッポではこの店に通うことになりそうだ。

arepo01.jpg

その食堂前の時計塔。

7月5日

アレッポの宿は安宿ながらも雰囲気がいい。

arepo02.jpg

室内は石造りの床と壁。
一番いい部屋に泊まって1500円。
首都ダマスカスではドミトリーで一人1000円してたのに。

特に見たいところがあるわけでもなく、アレッポの街歩き。

arepo03.jpg

キリスト教地区は各派の教会が点在。

arepo04.jpg

世界遺産の街並み。

arepo05.jpg

スークは狭いアーケード商店街といった雰囲気。

arepo06.jpg

そこを抜けるとアレッポ城。

アレッポは石けんが有名。その名も、アレッポ石けん。
1キロ200~600円くらいで何種類もあり、お店も何軒も連なっている。
宿に常備されていたアレッポ石けんを使ったらなかなかいい感触。
1キロ300円弱の中級クラスを購入。当分石けんには困らなさそうだ。
が、荷物が1キロ増えた。

宿にてマンスールぶりのMサさんに再会。
Yすけさんはニアミスで今日モロッコへと飛んでしまったそうだ。
次に会うのは南米か。

長期旅行していると、思わぬ再会があってうれしい。
みんな、ルートや目的地が似たような感じになるから、確かに会う可能性は高いのかも。
泊まるとこも、歩き方や情報ノートで評判のいい安宿になるし。
旅人同士の再会、これも旅の楽しみの一つだ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。