スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーゼの気分

6月9日

ここダハブはダイビングだけじゃない。
モーゼが十戒を授かったことで有名なシナイ山、聖カテリーナへのツアーがある。

夜23時ホテル発でシナイ山へ。
え~もう出発前から眠いです。

6月10日

ミニバスの移動中にもほとんど眠れず。
検問とかパスポートチェックとか。
で、聖カテリーナに着いたのは2時。

夏の富士登山のような状況。人だらけ。
どのグループもガイドに連れられての登山。
ラクダの客引きたちが「キャメル~?キャメル~?」ってうるさい。
歩くのが大変な人は7合目くらいまではラクダに乗っていけるんです。

聖地の巡礼にふさわしい行列登山で5時くらいに頂上直下へ。
日の出にあわせて頂上に行くといい、と言われようとも、
次々にみんな登ってくるから頂上で場所確保するしかない。

ハーフパンツにタンクトップなどという欧米人は、
レンタルの毛布にくるまって凍えるしかなく。
それなりに寒さ対策をしてきたウチらでさえも、
強風のために体感温度は氷点下。いや言いすぎた。5度くらい。

dahab08.jpg

日の出直前。

dahab09.jpg

標高2285m、爆風に凍えるシナイ山頂。

dahab10.jpg

太陽を待ち望む人々で溢れかえっている。
シュラフを持ってきている人もいた。

dahab11.jpg

頂上からの景色。
モーゼも十戒を授かるまでこんな寒い思いをしたに違いない。
十戒の正体は・・・何だっけ?

dahab12.jpg

下山も行列。
明るくなってからの景色はなかなか楽しめる。

dahab13.jpg

朝の仕事を終えたキャメル。
昼くらいからまた次の客を乗せるんだろうなあ。

dahab14.jpg

聖カテリーナ。

帰りのミニバスは爆睡。
気が付いたらダハブに着いていた。

6月11日

何が原因か不明だけど、体調不良によりダウン。発熱。
おとなしく一日寝てる。
風が無くて海はとってもいいコンディションだったそうだ。

その海の様子はかずえのブログで。

夕飯のシェア飯、から揚げは美味くてがっつり食う。
十分な栄養と十分な睡眠が一番の薬。

6月12日

風通しがわるいドミトリーの室温を一晩かけて上げ続ける。
熱下がらず。
今日も海はいいコンディションだったのに・・・潜れず。

夕飯の頃には熱が下がり、だるいながらも何とか復活。
シェア飯、おくら丼をがっつり。
栄養と休養をさらに追加。これで治らなかったらやばい。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。