スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒンドゥーの聖地へ

5月15日

16日早朝の鉄道しかチケットが取れなかったものの、とりあえずガヤー駅へ。
乗り合いリクシャーの座り心地のわるい後部座席でお尻を痛めながら50分。

駅では、持っていたチケットを最短で乗れる鉄道に変えるため、
予約のキャンセルと一般席の購入。
この一般席、つまり自由席なんだけど、インドの鉄道の恐ろしさを味わうことになるのは数時間後。

切符の再手配で燃え尽き、かずえダウン。
ローカル駅ではないものの、外国人にわかるような表示やアナウンスなどなく、
英語が話せる駅員も人も居ない。
そんな中、2時間以上の遅れ。原因とか特に無し。列車は遅れるものらしい。
14時30分発が17時前の出発。
始発のはずが大混雑の車内、一般席へ突入。
外国人ということで席を空けてくれて、ちょっとインド人の優しさに触れる。

bodhgaya09.jpg

通常の席の上にある荷台のような場所に靴を脱いで座る。
このまま4時間、21時頃に駅に着き、リクシャーでヴァラナシへ。
宿に着いたときには二人とも燃え尽きていた。

5月16日

たとえ燃え尽きていてもヴァラナシの容赦ない日差しが早朝から降り注ぐ。
部屋には直射日光は当たらないが、激しく暑い。

varanasi01.jpg

大人気のガート。

varanasi02.jpg

ヴァラナシとは思えない町並み。

varanasi03.jpg

有名な日本人宿“久美子ゲストハウス”の旧館。
泊まるにはちょっとレベルが高すぎる。

ガンガー(ガンジス河)は思ったよりははるかに水がきれいだ。
メコン川の汚いとこと同じかそれよりちょっと汚いくらい。
とはいっても20~30cmの魚がいるし、水深50cmくらいは透けて見えるし、
汚物や死体が流れ続けるどろどろの川を想像していた私にとっては十分入り得るきれいさ。
体調を整えて沐浴へ臨みたいところ。

昨日の移動疲れか腹の調子が思わしくない。
これまで三回、激しく腹を下したが、トムヤムとキムチ、そして今回もキムチ。
どうやら唐辛子系の辛さが引き金になるらしい。
昨夜のキムチ冷麺が効いたか。
今日はチャイとラッシーで乗り切った。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

お疲れ様~

乗っちゃいましたかぁー
恐怖の一般二等座席。
私達は座席指定なら大丈夫かと思い夜行便で利用しましたが
席に到達するどころか電車に乗ることも困難なほど。
ようやく辿り着いた指定席も半ケツ状態、膝の上にはインド人。
もちろん一睡もできず。。。
快適な荷物置き場に寝ているインド人がうらやましかったー
私達は現在カトマンでアパート暮らし♪快適快適♪♪♪

>マスクマンさん

乗ってしまいました。
始発駅っぽかったのに、すでに満員。
荷台の席を確保できただけでもマシでした。

あんな席だと知っていれば使いませんでしたが、
まあ何事もネタですね。
格安の料金がありがたかったです。

カトマンズ、最高ですよねー。
インドの疲れをリフレッシュしてください。
プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。