スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教生誕の地

5月12日

朝から暑い。暑すぎる。
洗濯物が10分で乾く。

bodhgaya02.jpg

にぎやかな町並み。

bodhgaya03.jpg

仏教生誕の地、マハーボディー寺院周辺はリクシャーも乗り入れ禁止。
歩く人ばかりで快適。

印度山日本寺にて17時から夕方のお勤め。
座禅にてブッダガヤーとは思えない静けさに浸る。

5月13日

ブッダガヤーの隣、のどかな村と言われるスジャータ村(元はセーナー村と住んでる人が言っていた)へ。
サイクルリクシャーにて行くが、途中でパンク。半分くらいまでしか行けず。
結局歩いて行く。

ナイランジャー川、乾季は涸れ川。伏流になっているそうだが、どうだか。
村を抜け、ブッダガヤーと反対側にも涸れ川。
こちらはゴミ一つなく、まさに砂漠。

bodhgaya04.jpg

遠くに見える岩山が前正覚山。ブッダが覚りを開く前に苦行を行った山
スジャータ村、メイン通り沿いでもこんな感じ。

bodhgaya05.jpg

帰りは涸れ川を歩いて渡り、最短距離で帰ってくる。
マハーボディー寺院が遠くに霞んで見えた。
砂漠だ・・・。

bodhgaya06.jpg

5月14日

この町は動物に溢れている。
牛、豚、ヤギは特に多い。

bodhgaya07.jpg

宿の前の道でも豚とヤギだらけ。

日本寺の夕方のお勤め、三日間連続で参加。
住職、ありがとうございました。

bodhgaya08.jpg

同じく一緒に参加しつづけたキクさん&ミヤさんと住職。

ブッダガヤー最後の夕食をキクさんたち&カンジさん(アジア旅行中の絵描き)と5人で。
これも三日間連続でお世話になった“Fujiya Green”、おいしかった。

東回り組のキクさん&ミヤさんと、西回り組のウチら。
情報交換、というより、ウチらにとってはいい情報をたくさんいただき、ここから先の楽しみが増えた。
ありがとうございました。
お互いに、みなさん、気をつけて。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。