スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポカラDAYS

5月1日

今日からネパール全土で大規模スト。
そういえば昨日の夜もすでにメイン通りで200人くらいが行進してた。

ストでものどかなポカラ。
本格的にストになるのは明日かららしい。

pokhara02.jpg

宿近くの店で朝食。
牛さんもご来店。

pokhara03.jpg

レンタサイクルでうろつく。
パラのLD(ランディング、下りてくるとこ)の下見。
タンデム3機が下りてきて、他は別の場所へ。
ショップごとにLDが違うらしい。

pokhara04.jpg

“ゆりこ餃子食堂”発見。

5月2日

今日から本格的なバンダ(ストのこと)。
昼間はどこも閉店。

pokhara05.jpg

メイン通りから車が消え、シャッター街に。

pokhara06.jpg

パラのショップを見に行くが、やはり閉店。
「いつストが終わるかわからないから毎日様子見に来てくれ」とのこと。
でもグライダー持って歩く人、発見。
自分で1時間半~2時間の登山をして、飛ぶ分にはOKらしい。
TO(テイクオフ、パラの飛び出すとこ)の下見のために付いていく。

pokhara07.jpg

甘くみていた。
意外ときつい、普通の登山。
パラザック担いで登ってる3人は大変だろうなあ。

pokhara08.jpg

2時間弱でTOに到着。お茶してみんなが飛び去るのを見送る。

pokhara09.jpg

ここまで来たのでサランコットまで登る。
1592m登頂。ポカラの眺めがよかった。
が、ヒマラヤは雲に覆われて見えず。
しかもウチらの場所も雲に覆われてきて、逃げるように下る。

標高差700mの登山。心の準備をしてなかっただけに疲れた。
途中、こんな花が咲いていた。きれい。

pokhara10.jpg


5月3日

メイン通りから入った道の店はシャッター半開き。

pokhara11.jpg

どこもひっそりと営業中。

pokhara12.jpg

行商も裏通りで。

pokhara13.jpg

ダージリン・ヒマラヤ鉄道で一緒したドイツ人、ボースに偶然の再会。
歩いていると声をかけられ、どこの誰だったか思い出すのに5秒かかった。
彼もまだ旅を続けているらしい。

pokhara14.jpg

ちょっと高いがWifiフリーの宿へ移動。
夕方までホテルのガーデンで紅茶を飲みながらネット。

夜になるとストが解除になるのかメイン通りの8割くらいの店が営業を始めた。
が、車は走らず。クラクションが鳴らない、にぎやかな夜になっていた。

5月4日

スト、続行中。
でも相変わらずパラが数機、飛んでいる。
自力で登山してでも飛びたい人は居るんだろう。

pokhara15.jpg

スト中もひっそりとメイン通りの陰で営業する店“ASIAN TEA HOUSE”。
ここ、お気に入りで入り浸る。
ポカラ滞在中に8回くらい通った。

pokhara16.jpg

フェア湖畔をお散歩。
水牛が湖で快適そうにしていた。

5月5日

宿、移動。
Wifiの電波が届くとこで安いとこへ。
電波はそのまま使わせていただく。

pokhara17.jpg

“ASIAN TEA HOUSE”は今日も大人気。
顔ぶれはいつもと同じだ。

pokhara18.jpg

今日はバンダ(スト)の行進が盛り上がっていてやばかった。
カトマンズでは死者も出たとか、バイクで走り回っていた欧米人が襲われたとか。
外国人には危害は加えないとは言っているもののどうだか。

が、ポカラは比較的殺気立ってはいない。
踊ったり、太鼓鳴らしたり、お祭り騒ぎの延長に見える。

“DBmomo”でAつしさん、Wかさん、N村さんと食べる。
日本人が多く集まるお店で、みんな常連さん。

どこの店も18時にはシャッターを開け、20時には閉める。
夜の2時間だけ、営業OKっぽい。

この様子だとまだまだ続きそうだ。

5月6日

雨期に入ったかのように昨日から朝は雨。
ストは今日も変化なし。
何が起こってるんだかよくわかんないけど、
とりあえず公共交通機関が営業してくれないと動けない・・・。

pokhara19.jpg

午後、雨が止んだ湖でボート。
木製の手漕ぎ。木のオール一本で左右交互に漕ぐ。
そうしないとくるくる回って前に進まず。
ラオスで鍛えたカヤックの腕でがんばる。
湖上はバンダは関係ないらしい。
1時間ほど揺られる。

pokhara20.jpg

16時頃からATMの前に座る欧米人の姿。
18時のATM営業開始時には長蛇の列。
みんな、お金が尽きたらしい。
スト直前に大量に引き出しておいたウチらはまだあと数日は大丈夫。

5月7日

レストランのTVで激しいことになっている映像を見ながら、
カトマンズは大変だなあ、などと思いきや、
「これ、ポカラだよ」とな。

どこにも行けず、やれることといったらネットくらい。
Wifiフリーの電波が届くこの宿、大活躍。

pokhara21.jpg

泊まっている宿。

pokhara22.jpg

一つ前に泊まった宿からの景色。

5月8日

いつまで続くのか不安になっていたバンダ(スト)、
今日はOFFだそうだ。

これまでのストを踏まえて交渉し、その結果次第でスト再開か、終了か決まるらしい。
OFFは2,3日、動くならその間しかないそうだ。

とりあえずサイクリングと観光をしつつ考える。

pokhara23.jpg

レイクサイドからレンタサイクルで走り、ダムサイドへ。
こちらで有名な“アニールモモ”。
値段は“DBmomo”よりも高いけど、味ははるかに上。
しょうが焼き、うまし。

pokhara24.jpg

洞窟と滝を見て、屋台でお茶。
ミルクティーだろうがブラックティーだろうが、一杯Rs10(約15円)。
地元仕様のお店、安いし、美味いし、大好き。

5月9日

ついにポカラの空へ。

朝ショップへ行くと「とりあえず飛んで、腕見せて」と。
グライダー他、一式レンタル。
チェックフライトしてOKならご自由に、とのこと。二人ともね。

その言葉、誰に向って言ってるんですか?
たとえ半年ぶりのフライトでもレンタルしたのは初級機、余裕でしょ。
ぜひともかずえにも頑張ってもらわなければ。

pokhara25.jpg

これが借りた機体。二人とも同じカラー。
「テイクオフ、見ててあげるね」的な言葉を聞いたような気がするが、
気がつけばみんな飛んでしまい、かずえを出してから最後に自分が出る。

pokhara26.jpg

かずえが見事にテイクオフした直後。

誰も見てなくてよかったと思うような、いまいちだったテイクオフ。
でも空に出てしまえば関係ない。
適度にいいとこを見せつつ、完璧なランディング。
もちろん文句無しのOK。
「いちおう見てるから好きに飛んでいいよ」って。
かずえも「自分で何とかなりそうならどうぞ」と、二人揃ってOK。
よかった。

で、2本目は好き勝手に。
バリオ無しでしかもレンタルの機体、思ったようには飛べずとも、
初めてのエリア、しかもネパール、ポカラの空ってだけで楽しかった。

pokhara27.jpg

前を行くかずえ。

次は自分の機体で、好きなだけ飛びに来たいな。
一式レンタルもあるし、みんなで飛びに来るにはいい場所だと思う!
フライヤーのみんな、いつか一緒にどう?

pokhara28.jpg

上空から、フェア湖とポカラの町。

pokhara29.jpg

段々畑が広がるサランコットの斜面。

GPSによれば、TO1440m、LD790m。
標高差650mもあればただまっすぐ飛んでも10分以上飛んでられる。
2本目、出た直後にぎりぎりトップアウト。
背後にそびえるアンナプルナの山々は見えずともに思い出に残るフライトになった。

pokhara30.jpg

面倒を見てくれた校長?チーフインストラクター?
フランス人のマテウさん。

ちなみに今回お世話になったショップは“BLUE SKY”。
興味がある人はウチらのHPのリンクから。

飛んで満足したポカラ。
最終日も“ASIAN TEA HOUSE”へ。
おいしいダルバートを作ってくれたお父さん、お母さん、娘さんにご挨拶。
彼らにとっては通りすがりの観光客かもしれないけど、いつかまた来ることを誓ってさらば。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。