スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフティングとヒルクライム

10月20日

今日はラフティング。朝8時半に迎えが来た。
昨夜電話で予約して、今朝のお迎え。しかもウチらのために車1台。
外国人相手の観光は大変だな。。。
コダマツアーズ、前回も利用したところ。
日本語が話せるガイドが一緒に来たのでラクだった。
ウブドから1時間以上のドライブ。寝る。

バリ5

バリ島最高峰、アグン山から流れ出る川で中級ラフティング。
「中級」って何だ?!素人8人で大丈夫な中級って何だ?!
日本人6人&欧米人2人の4組が2船に分かれてレッツゴー。
ゴムボードは激しく回転し、ガイドの「前漕ぎ~後ろコギ~休め~」の適当な指示に、
適当に従いながらラフティングスタート。
インディージョーンズのテーマが流れる山間部の渓流を5人でがんばる。
いやガイドががんばり、他は楽しむ。

バリ4

崖に突っ込もうが、岩に乗り上げようが、ゴムボートは無敵。
10数艇のラフティングボートが次々に激流に飲み込まれる中を最後尾からまくった。
川岸で仲間に囲まれて倒れている中国人(韓国人かも?)が2人居たが、
どうやら大体無事にクリアしたらしい。
クライマックス、落差4mの滝から落ちたのにはビビッた。
途中でウチらと交代して前に乗っていたカップルはお尻を強打。危険だ。

10km以上、2時間余りのラフティング。期待した以上に楽しかった!
送迎・食事付きで一人4000円。これを味わったら日本ではやれないな。。。

日焼けがやばい。特にかずえが。
氷のない町で、氷を求めて炎天下をさまよった。
コンビニやスーパーには無く、レストランは「昼間は溶けるから無い」とか。
なんじゃそりゃ。
泊まっていた宿にも無い。冷蔵庫が1ドアだし。
このままでは干からびる。
そんな中、地元の人たちが入る食堂に2ドアの冷蔵庫を発見。
英語も通じなかったが、冷蔵庫を開けて「アイスくれ」的な動作を繰り返したら
何とか危機を察してくれ、全部(とは言っても家庭用の氷一杯分)くれた。
売り物ではない、おそらくはジュース用のアイス、
現地人価格の2000ルピア(20円)で、ありがたい。
氷を使い果たしたその食堂は1時間後にはもう店を閉めていた。

干からびる寸前のかずえは氷の到着で危機を脱し、夜までアイシング。
こっちが干からびるところだったぜ。

10月21日

レンタサイクルでツール・ド・ウブド。
緩やかな道をひたすら上り、田園地帯や田舎の集落を抜け、丘を超え、谷を超え。
まさかこんなところでヒルクライムをすることになろうとは・・・テンションがあがるぜ。
工芸品の工房とか、川で水浴びとか、道端で米を干す風景の中を疾走。
その後方で自転車を押して坂を上るかずえ。
予定外のクライムと暑さでばてたらしい。

バリ6

観光客などまず来ないであろう現地の人たちの町。
現地の声援を受けながら、いつの間にか地図の外の知らない場所へ。
みんな愛想よかったし、子供は純粋だったし、わるくない。
1000ルピア(10円)のアイスを食ってひと休み。

バリ7

気が付けばテガラランまで来てしまった。10kmくらい走ったか。
道に迷って聞いたら「ウブドはso far」だって言われた。
ライステラスは「not far」だそうでせっかくなので棚田を見ながらのランチにする。
優雅なひととき。

バリ8

バスの都合であと1時間でウブドまで帰らねば。
「so far」の道もウチらにかかればあっという間。
しかもほとんどこがずにひたすら緩い下りで10km。
こんなにも上ってきていたことにびっくりしたが、
みんなはウブドから自転車で来たことに驚いていたようだ。
たいした距離じゃないが、観光客が自転車で走る距離ではないらしい。
普通の道を走れば迷うことのない一本道。
ウブドまで左折一回で着いた。

ツール・ド・ウブドの街の中心部を凱旋パレード気分。
汗まみれで、バス停に余裕を持ってのゴールだ。
バリ島内を走る路線バス、プラマ社でクタへ。
初日の宿をあてにして、また戻ってきた。

サリジャヤコテージ、「次回来たらスペシャルプライスに」と言ってくれたミキちゃん。
今日はオフ。しかたなく別のおばちゃんと交渉し、荷物だけ置かせてもらう。
「シャワーはダメだけどプールは使ってもいいよ」だって。
ええ、ちゃんと夜の9時過ぎにプールに入りました。
温水プールで屋外ながらも快適。
すっきりして帰りの空港へ向かいましたとさ。
スポンサーサイト

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

イイですね~。

ご結婚、おめでとうございます!
まだまだ、旅はハネムーンな雰囲気ですね。
これから、サバイバリーな旅行を期待してますv-10

No title

どうも。
僕はウブドゥからタンパクシリンってところまで自転車で行ったよ。ヒルクライムだね。

たつみさんへ

ありがとうございます。
たつみさんの帰国から出発まで時間があったのに会えずにすいません。
また帰ってきたら一緒に山に登りますよ。
もしくは旅の途中で、また海外の山に一緒に登りましょう!

wadamapへ

ウブド近郊をサイクリングするつもりで、
まさか道に迷ってテガラランに行ってしまうとはびっくりでした。
最初から自転車で走りまくるつもりでいればよかった。
相当走ったんだね。
ヒルクライム、たしかにきついなとは思ったんだけど。。。
プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。