スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかは世界最高峰へ

4月21日

ロブチェ→カラパタール(5545m)往復

everest67.jpg

早朝2時起き、3時出発のアミューズトラベルさんと一緒に出発。
真っ暗な中、ヘッドランプの灯りを頼りに、最後尾に付く。
正解だった。この暗闇の中、正しいルートを簡単に見極められるはずがない。
満点の星空と流れ星が落ちる世界最高峰へと続く谷を行く。

everest68.jpg

エベレストからの日の出。

5100m、ゴラクシェプにて早朝のお茶休憩。
あとはここから見上げるカラパタールへ400m登るのみ。

everest69.jpg

空気が薄い大変さとか体力的な苦労とか、
いろいろあるけど、何も言わずに写真で。

everest70.jpg

言葉になりません。

everest71.jpg

手前の小さな丘がカラパタール。
近くに見えて、この写真の位置からあと1時間かかる。

everest72.jpg

everest73.jpg

everest75.jpg

カラパタール、5545m、登頂。
そして思う。いつかは世界最高峰へ。

everest74.jpg

でもGPSはこんな数字でした。アキュラシー10m以下との表示。
ゴーキョではほぼ合っていたのに・・・。
本当の高度はいくつなんだ?


登りながら、そして登頂してからも頭に浮かんだこと。

よく言われる質問。
なぜ山に登るのかって?

それはそこに山があるから。それも立派な回答だ。
けど、理由なんて全て後付け。
いや、多分理由なんて無い。

「やりたいからやる。

行きたいから行く。

目指すからには頂点。

そのために全力を尽くす。」

すごくシンプルで、でもちょっとだけ難しいこと。
だけどいつもそう生きていたい。

世界旅行も同じだ。
なぜ世界一周旅行に?と聞かれるが、それにもこの回答。

理由なんて無い。

「やりたいことやり、行きたい場所へ行く。」

その中で、最もやりたいことの一つ、最も行きたい場所の一つにたどり着くことができた。
まだ登っただけで、折り返しの下りがあるけれど、
とりあえず、エベレスト街道で出会った全ての人たちに感謝したい。

本当にありがとうございました。

朝3時の出発から12時間、夕方15時に無事ロッジに戻ってきた。

アミューズトラベルさんも全員登頂して無事帰還。
Mちこジャパンも全員登頂、遅い時間になったが馬とともに全員帰還。
ロブチェの同じ宿に居合わせた日本人、全員カラパタールに登頂した。
この感動、肌で味わえる幸せに、ミルクティーで乾杯。

everest76.jpg

頂上から。

everest77.jpg

エベレストをアップで。右の方が高く見えるが、
左がエベレスト。右はヌプチェ(7861m)。

everest78.jpg

ゴラクシェプ(5100m)まで下りてきて、喜びを体現。

everest79.jpg

馬もこの高さまで頑張ってます。

everest80.jpg

エベレストに18回登頂したシェルパ。
19回目のアタックに向う途中ですれ違った。
これで40歳超えてるとか。まさに超人。

明日からは下り。
登ってしまえば、あっという間のトレッキングだった。
ような気もするが、まだまだ下りで4日間かかる。

二人揃って人並み外れた体力に感謝。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

No title

すっごくいい景色ですね~
自分もいつか行ってみたいです。
無事登頂、お疲れ様でした!

No title

山の迫力もすごいですが、空の青さが…溜め息出ちゃいますね。

旅も生き方も、シンプルが一番なのかなぁって思います。
何かを始める時に、目的なんてあっても無くてもいいような気がするんです。
全力で「楽しんじゃえ!」って気持ち一つあれば、
どこにいようが何をしてようが何かしら得られるものはあって、
それだけで僕は満足だったりします。
楽しく生きる「コツ」みたいなものなのかな?と思ってみたり。

素敵な写真とレポートをありがとうございました。
そして、お疲れさまです!
ポカラで足止めを喰らっているようですが、引き続きお気をつけて☆

>こぱ

キナバルの星空に負けないくらいの満天の星空でした。
D社の大連休+三日連続有休で、ぎりぎり13日、
もしかしたらカラパタールまでも行けるかも?!
難しいけど、いつかぜひ。

>じょー+

この日の青空はエベレスト街道一番の空でした。

自分にとってのベストをただ単純に追い求めて行くだけ、
それが結果的には楽しいにつながるのかも。

ウチらが旅してる間に再び世界へ旅立ってもらって、
今度こそはご一緒したいものです。
プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。