スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダージリンへ鉄道の旅

3月27日

朝食を食べに出かけたらいきなり声をかけられた。
昨日、チャイを一緒に飲んだインド人(名前は忘れた…)とその友達。
散歩していたそうだ。

朝食には遅く、昼食にはまだ早い微妙な時間ながらも
ウチらをベンガル料理のおいしい店に連れて行ってくれた。
リーズナブルな価格で確かにうまかった。

「ダージリンティーのチャイは飲んだか?」と。
昨日のはダージリンの茶葉じゃなく、本当はもっと美味いらしい。
これまたおすすめのお店へ行き、チャイを注文。
屋台のチャイも美味かったが、より深い味わいあるチャイが飲めた。
茶葉がいいとやはり違うものだ。

そのまま二人に案内され、コルカタ散歩。
チャイしてると日本語を話すインド人が登場。
千葉在住で日本で香辛料の輸入卸をやっているという彼。
流ちょうな日本語と英語でウチらに混ざってきた。

コルカタでも親が店を数軒持っているとのことでその中の一つへ行ってみる。
雑貨からストールまで扱うお店ながらも、パシュミナだか何だかは本物。
安物から超高級品まで大量に見せてくれた。
比べればわかる品の違い。買わなかったけど、いいものを見れた。
安物はRs150で売ってるそうだが、本物は700ドル。
これにブランドの刺繍が付いて日本円で10~20万になるそうだ。
ちなみにそう簡単に手に入るものではなく、その辺の露店で売ってるわけがないとのこと。
商売熱心な彼のもとにインド人二人を残し、ウチらはバイバイ。

夕方発の夜行列車でダージリンを目指す。
ターミナル駅の激しさ、想像を絶するものなり。
インドでは駅の写真を撮るのは禁止なので写真はないけど、これはすごい。

物売りが次々に車内をうろつく三段ベッドの二段目&三段目。
Rs5のチャイを飲んでとりあえずは横になった。
インド人でも荷物に鍵をつける夜行列車。油断できん。

3月28日

向かいのベッドのおっさんに起こされる。
「時間だから駅に着く」と。
予定通りに着くわけがないと思いつつもせっかくの好意なのでそのまま起きる。
わずか30分の遅れでニュージャルパイグリ駅に到着。
終点じゃなかったので、起きてて正解。寝てたら乗り過ごすところだった。

6時45分、ここから今日は世界遺産、ダージリン・ヒマラヤ鉄道に乗る。
幅70センチ足らずの狭いレールで一目でホームがわかる。
満席でチケットが無いと言われるも出発直前にドイツ人が3人分、一等席ながら手に入れてくれた。
この際多少の出費はかまわないので乗車。とはいっても一人Rs153。
車内で精算と言われたプラスαの一等席代は徴収にこなかった。
通称トイトレイン、7時間の電車旅だ。

darjiring01.jpg

世界の車窓から的な景色は確かに世界遺産たるものか。
曇り気味の天気に遠景はいまいちながらも、
道路と交差しあう軌道に、隣接する民家や商店。

darjiring02.jpg

darjiring03.jpg

darjiring04.jpg

1時間以上に及ぶ停車や切り返しの繰り返し。
世界遺産の鉄道を味わうには十分すぎる時間を過ごした。

ダージリンまで10時間。
外が暗くなり、終盤の絶景ポイントは夜の闇の中。
せつない感じに終点、ダージリン駅に到着。
山間部の町、意外と真っ暗だった。

宿を探して二軒目、日本語の案内があったホテル、プレステージに決まり。
オーナーの奥さんが日本人だった。
Rs250(約500円)でこの部屋。ホットシャワー付き。

darjiring05.jpg

思ったよりもダージリン、寒い。

3月29日

昨夜はなかなか寒かった。
これでも冬は過ぎたそうだ。

朝から停電。
明るい町中を歩く。
コルカタと違い、ここは歩いているだけでも楽しい。
山間部の町というだけで雰囲気が好きだ。

darjiring06.jpg

今日はくもり気味。雲が次々に入ってきて景色が見れず。

darjiring07.jpg

モモ、Rs10(約20円)。

darjiring08.jpg

こんな屋台で食べられる。

darjiring09.jpg

夜、イスラエルの何かの祝日で、みんなで祝うとか何とか。

イスラエル人のカップルがワインとおかしでプチパーティー。
15人くらい集まった。日本人の姿も。
同じ宿にウチらを含めて5人も日本人が泊まっていた。

3月30日

今日も朝から停電。
宿は自家発電らしく、明るいうちは節電のため停電か。

昨日顔を合わせた5人で朝食から観光まで一緒する。
学生のトシ、かずえと同い年のヒロ、私と同い年のエミ。

darjiring10.jpg

雲が入ってくるもののたまに晴れるタイミングもあり、
街の下の方まで見渡せるときもあった。

darjiring11.jpg

日本山妙法寺&バタシアループ観光。
6キロくらいは歩いたか。

darjiring12.jpg

バタシアループはトイトレインの一番のクライマックスとか言われるポイント。
着く頃には天候悪化。
雲の中で爆風吹き荒れ、真っ白になってしまった。

darjiring13.jpg

観光用のトイトレイン。
タイミングよく通過。
ウチらが乗ったのはローカル線のダージリンヒマラヤ鉄道。
観光用は蒸気機関車。
料金は倍か、距離を考えたら倍以上。
これも常に満席でなかなか切符が取れないそうだ。

darjiring14.jpg

街に戻ってからはバザール散策。
宿に帰ったら停電は復旧していた。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。