スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産ワット・プー

2月16日

昨日の状況から一転。パクセーまで来てバスが無いことが判明。
4000Islandsからベトナムを目指してきた人々が路頭に迷う。
島の代理店が確認を怠っていたため、バスが無いことがわからず。
20日までバス無し。ベトナムの旧正月おそるべし。
ローカルバスも無ければ、ボーダーはクローズしてるとか。
じょー+との合流、そしてベトナム行きを断念。
そういう人がパクセーで停滞している。

で、朝一から日帰りツアーにて世界遺産ワット・プーへ。
世界遺産と言われれば一見の価値ありか。
とにかく行ってみる。

pakse05.jpg

メコン川は車とともにこんな感じに渡る。

pakse06.jpg

ワット・プーの感想は分かれるところだろうけど、
観光客があまり多くない世界遺産で、人の手もまだそれほど入っておらず、
ワットから見る風景を独り占め、みたいな気分を味わえていいかと。
アンコールワット同様クメール式のワット。

pakse07.jpg

pakse08.jpg

なんとなく。
前が崖なので腰引き気味ですが。

pakse09.jpg

pakse10.jpg

run 7km (80km)

2月17日

ローカルバスでサワンナケートへ。
まずはバスターミナルまでサムロー。
ラオス国内でもこの辺りくらいでしか見られなくなってきている。

pakse11.jpg

観光客用のバスだと3,4時間で済む道を6時間揺られる。
満席で通路にも人が溢れ、席が空くまでは通路で屋台の丸椅子に座る。
もちろん外国人はウチらのみ。

pakse12.jpg

ちゃんとしたバス停などはなく、降りたいところで降ろしてもらうらしい。
休憩も無駄に多く、その度に食べ物や飲み物を売るおばちゃんたちがバスの周りやときには中にまで押し寄せてくる。
地元の人はいろいろ買って食べていた。
が、ゴキブリ串、みたいなやつだけは地元民でもゲテモノの類に入るらしく誰も買わず。
みんな奇妙な様子で見ていた。

サワンナケートに着いたのは15時過ぎ。9時過ぎに出て6時間。
途中の休憩とか停車とかありすぎ。

サワンの街は・・・これといって何も無い??
メインの国道沿いは発展しているようだけど、他は住宅地みたいな雰囲気。
観光客の姿も少なく、これでラオス第二の都市とは、と言ったところか。
ホテルやゲストハウスが少なかった。

pakse13.jpg

対岸にタイをのぞむメコン川沿いは素敵な夕日。

pakse14.jpg

夕食は地元の人ご用達の屋台にて。
カオニャオ(もち米)と豚バラ串。激うまっ。

でも、この街、特に何もやることがないので、明日にはタイへ行きます。
予定外に長く居てしまったラオス。
時間の流れがメコン川の流れのようにゆっくりとして穏やかな国だった。

run 5km (85km)

2月18日

帰国便をそろそろ何とかせねば。
余裕で取れると思っていたチケットが、学生の旅行シーズンとのことで全く空きが無く。
大苦戦・・・。予定外の出費と、遠回りで帰ることになった。
帰国日は2月25日。

帰国便がバンコク発と決まったので、とりあえずの目的地はバンコクに決まり。
サワンナケートにはわずか24時間足らずの滞在。
この旅5度目のタイ入国。

pakse15.jpg

ラオスと橋で結ばれた町、ムクダハーン。
思ったよりもはるかに発展した街だった。
バスの乗り継ぎ、出発までの数時間を街歩き。

バス停のトゥクトゥク運転手「どこへ行くんだい?」
「バンコク!」と答えるとすぐに諦めた。これは使える。
これからタクシーとかトゥクトゥクとか運転手が「どこへ行くんだい?」
と、うざいときはこう答えよう。「日本!」

残りの時間は再びビーチで過ごそうと、次の行き先はチャーン島。
一等・二等・VIPバスの選択肢があったが、VIPバスを選択。
移動が13,14時間と長いので少しでも快適にね。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。