スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルネオ島からペナン島へ

12月26日

センポルナ最終日。
四日間食べた食堂で、最終日は朝食。
海沿いの市場や屋台を見て歩く。
外国人が地元民の水上集落を歩くので、ちょっと視線を集めてしまった。
猫がうろつく床に魚が干してあり、猫は食べないのか。

海で潜ってばかりだったので、昼前にジョグ。
でも、あまりの暑さに30分でぐったり。
ダイビングの疲労感もあり、軽めにしておく。

昼は並びの別の食堂で。こちらの方がナシゴレンがうまかった。
スイカジュースが新鮮でこちらで飲んだフレッシュジュース類の中では一番の味だった。
ネットカフェとショップ前のマブールカフェでのんびり過ごす。

夕方のラッシュに若干ハマりつつも、空港まで70分。
スピードメーターが壊れたタクシーが爆走してくれた。
タワウ空港、たいしたものもなく、飛行機は1時間遅れ。

KL(クアラルンプール)に着いたのは深夜1時過ぎ。
空港バスでKLセントラル駅に2時半。
高値をふっかけるタクシーにかずえが切れる頃に宿に到着。
5RMほど高いが、深夜料金とKLの発展に貢献したと思えばいい。
この程度で冷静さを無くしてたら話にならない。
常に余裕を持っていたいもんですな。

KL、PUDU HOSTELのベッドに3時。さすがに眠い。

run 5km (62km)

12月27日

KLからペナン島へバスで移動。
宿がバスターミナルの目の前で便利。朝一から探す。
バス会社がいくつあるかわからないけど、窓口は100個以上。
行き先とかバスの種類とかいろいろ違うらしい。
ペナン島行きが比較的ラクに見つかってよかった。
7時間のバス旅。

ペナン島では中国の九賽溝ツアーで知り合ったティオ夫妻の家にお世話になる。
熱烈な歓迎を受け、何から何までまたお世話になってしまった。
寝床と食事と送迎とガイドなどなど、さながら七つ星ホテル。

観光地も食べ物もおかげさまでペナンのローカルな所を満喫できた。
高校生の子供たちも付き合ってくれて、なかなか楽しい三日間でした。

着いた日はちょうど何かのお祭り。

penang01.jpg

ミス○○的な方々が5人、パレードの先頭にいた。

12月28日

朝から外へローカルフードを食べに。
そのまま極楽寺観光。
この辺の数ヶ国の仏教様式が混じった珍しい寺だとか。

penang02.jpg

ここからの街並みがいい眺め。

penang03.jpg

午後はフォンさんのガイドで、タイとミャンマーの寺院に。

penang04.jpg

ミャンマーの寺院内にウチらのためのオブジェが。

サムイ島へのバスも旅行代理店を回って一緒に探してくれたおかげで
すんなりと購入できました。

12月29日

午前は植物園へ。今日もみんな一緒(弟除く)。
午後はジョージタウンの寺院や史跡観光。

penang05.jpg

モスクも大小多数ある。

penang06.jpg

今日も食べ物はローカルフード連発。
ドリアンのケーキ以外は全部おいしかった。

penang07.jpg

お世話になったティオさん家族。

penang08.jpg

夜、ペナンヒルへ。
ここから見渡すペナン島の夜景は見事でした。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。