スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラパゴスの日々

1月17日

イサベラ島の朝は静かだった。
眺めのいい、屋上ダイニングから、島を見渡しながらの朝食。

galpagos71.jpg

南国の木々と砂の道、
まるで日本の離島、沖縄のどこかの島にでも来たかような雰囲気。

サンタ・クルス島、プエルト・アヨラとは違って、
こちらは町を歩く人も少ない。

ビーチには人よりも海イグアナ。
人の数の30倍くらい居た。

人5人、イグアナ150匹、みたいな。

galpagos72.jpg

galpagos73.jpg

galpagos74.jpg

galpagos75.jpg

せっかくなので、町も歩いてみる。
30分もあれば、隅々まで歩けてしまう広さ。

galpagos76.jpg

galpagos77.jpg

galpagos78.jpg

午後はシュノーケルへ。
港からちょっと離れたとこに、地元の人にも人気のポイントがあった。

水は冷たい。
借りてきたウェットスーツのおかげで何とか入れるけど。
海の中は、サンタ・クルス島よりはずっときれい。
透明度も場所によるけどまあまあ。
マングローブ近くの海っていうのと、魚が比較的多いので、わるくない場所だ。
たまにシーライオンやウミガメも来たり。
流れも強くなったり。
流されても港まで漂流するだけなので、そんなに心配するほどではないけど。

galpagos79.jpg

かなり深くまで潜って撮った一枚。
防水3mのカメラ、5mくらいは問題なし。

galpagos80.jpg

何かが付いていた海草。

galpagos81.jpg

ウミガメ。

galpagos82.jpg

フグ。

galpagos83.jpg

地元の人がこんなに。

イサベラ島、サンタ・クルス島と違って、
“島”って感じがして、すごく気に入った。

が、ここはわずかな滞在。
二泊でさらば。

明日にはまたサンタ・クルスへ戻ってしまうのが残念。

1月18日

朝5時に港までの迎えが来る。
正確には4時45分に来て、しばらく待って、去っていった。
唖然としていると、5時15分くらいにまたやってきた。
別のホテルを回ってから戻ってきたらしい。

早朝の真っ暗な海にしょぼいボートで出て行く。
乗客6人、みんな「このボートで行くのか?!」と不安な顔。

沖にちゃんとしたボートが待っていた。
ひと安心。

一眠りして、明るくなった頃にプエルト・アヨラに到着。
サンタ・クルス島まで帰りは1時間半。まだ7時過ぎ。
行きより1時間も早かった。

行く前に泊まっていた宿へ。
お母ちゃんもお姉ちゃんも「おかえり~」的なウェルカム。

galpagos84.jpg

今日は朝からいい天気。
近くの海にシュノーケルとイグアナを見に。

galpagos85.jpg

海の透明度はいつもどおりでどうってことなく、海の中の顔ぶれも変わらず。
エイが見れたのが珍しかったくらいか。

galpagos86.jpg

背中で語るイグアナにバイバイ。

町を歩いているとマッキーに再会。
他にマッキーと一緒の宿の日本人と合計6人で夕食に。
マサさん(リマ以来の再会)、ヒロムさん、コウイチさん、マッキー、ウチら。

そして、今日は私の誕生日。
この旅で迎える二度目の誕生日。
昨年はタイで夜行バスの移動中だったけど、
今年は偶然居合わせたみんなに、日本から遠く離れたガラパゴスで誕生日を祝ってもらう。

さらにうれしいことに、素敵なプレゼントをここでいただく。

日本にいるみんな、旅の途中で出会ったみんなからのメッセージ&写真のスライド。
祝ってくれた全てのみんなに感謝の、本当にうれしいプレゼントだった。

改めて、みなさま、本当にありがとうございました。
日本から遠く離れた地で、イグアナに囲まれながら迎えた誕生日、
とても幸せな自分を味わう、素晴らしい夜でした。

このスライド、メッセージをいただいたみなさまには、
ぜひ見てもらいたいので、後日メールにてお知らせ致します。

最後に一緒にいる時間が多くて、時間が無い中、こっそりと準備をして、
プレゼントを作ってくれたかずえに、ずっと一緒のかずえに、感謝。

ムッチョ、グラシアス。ありがとう。

galpagos87.jpg

そんな夜のプエルト・アヨラ、桟橋。

galpagos88.jpg

再会したマッキーと。

galpagos89.jpg

月の輝く夜、の宿。

1月19日

12日間を過ごしたガラパゴスとも今日でお別れ。
バスターミナルが町から離れていて、朝から焦ったけど、フライトでの別れはあっけなく。

galpagos90.jpg

バイバイ、ガラパゴス。

quito04.jpg

ほぼ寝っぱなしの飛行機、グアヤキルを経由。

quito05.jpg

気が付けば、キト。

キト、旧市街へ。
新市街とはだいぶ雰囲気が違うことに驚いたが、その分、楽しめそう。

宿はサンフランシスコ広場のすぐ横。
夜景がいいかも。

quito06.jpg

パネージョの丘。

quito07.jpg

広場近くの教会。

旧市街、夜のライトアップがきれいだけど、
人は20時過ぎると誰も歩いていないような静まりっぷり。
お店は18時にほとんど閉まってしまったり。

まあそれなりに危険ということらしい。
ちょっと外れれば、夜でもにぎやかなんだけどね。
ガラパゴスの余韻に浸りつつ、脱力感が抜けない中、
キトをのんびり楽しむことにします。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。