スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラパゴスダイビング

1月10日

レンタサイクルで野生の陸ガメを見に行く。

が、意外と遠いことがわかって途中のミラドールで引き返す。
名前はミラドールだけど、観光客が誰も居ない寂れたスポットになっていた。
人の気配無し。

レンタサイクルの調子がわるく、かずえがとどめをさす。
誤魔化して返却。壊れてるのを貸す方が問題あり。

旅行会社を回って各種のツアーの価格と内容をチェック。
どうやらガラパゴスで楽しむためにはお金がかかるようだ。

galpagos11.jpg

港前の広場で夕方6時くらいから大人たちが集まり始めて、バレーボールもどきをやっていた。
お金を賭けているようで、けっこう熱い戦いが繰り広げれられていた。

観光地価格でレストランは値段が高いガラパゴスだが、
サンタ・クルス島の中心、プエルト・アヨラには夜になると店が開く、安食堂街がある。
本土よりは高いけど、一食$4~8くらい。
これなら大量に食材を買い込んで来ないでも大丈夫だったか。

galpagos12.jpg

これ、お気に入りの焼肉。

1月11日

ガラパゴスの海といえば、ハンマーヘッドシャークやマンタが見られることでも有名。
シーライオン(アシカ?)やウミガメも。
これは潜らないわけにはいかない。

朝7時前の集合で8人のダイバー、ガイドは1人。
初心者2人、ウチらも初心者にカウントしたら半分は初心者だ。

島の東岸に浮かぶ岩近辺、ポイント名“Gordon”。
ハンマーヘッドがよく見られるポイントとのこと。
期待大。

が、潜ってみて唖然。
ちょっと透明度が良くない気がするんだけど・・・。

galpagos13.jpg

陸から飛行機で2時間の外洋。
イースター島並の透明度(30m以上)を想像していただけに、
わずか10m程度の透明度に、潜った瞬間からテンションが下がる。
しかも海水が冷たい。

galpagos14.jpg

ランチを挟んで2本潜るも、見られたのは、
ウミガメ、普通のサメ、キハダマグロの群れ、マンタ、シーライオン、バラクーダの群れ、ってとこか。
サンゴがなくて、カラフルな熱帯魚がうようよ、とはならなかった。
ハンマーヘッド、現れず。
透明さが足りずにどれも少しぼやけ気味。

galpagos15.jpg

空気が無くなった順に2人ずつ上がっていくという、初めてのスタイル。
ここガラパゴスでは普通らしい。
空気切れのスイス人と一緒に上がる途中でマンタ7,8匹に遭遇。
浮かれてたら、安全停止も無しにそのまま浮上してしまった。
しかも2本目も深度計のフィート表示のせいで誤って浮上。
問題なかったけど、軽く焦った。
そもそも潜行中にウェットスーツのファスナーが開いてしまい、冷たい海水が流入。
寒さでやばかった。

galpagos16.jpg

と、まあ微妙なダイビングだったけど、これも運。
同日同ポイントで潜った別パーティーはハンマーがうようよだってさ。
ウチはガイドがいけてなかったな。

町の中心部から3キロ。
歩いて45分くらいのとこにきれいなビーチがあるとのこと。

galpagos17.jpg

タートルベイ、白い浜と青い海が絵になるきれいなビーチ。

galpagos18.jpg

あいかわらずの海イグアナ。
シュノーケルのポイントだとか言っていたが、さっぱり。
海イグアナを見ている方が飽きない。

1月12日

ガラパゴスの中心となる島、サンラ・クルス島からクルーズなりツアーなり、
他の島へと出向かないことには、ガラパゴスは楽しめないらしい。

フロレアナ島の1dayツアーへ行ってきた。
数日前に価格を聞いたら$70。
昨夜聞いたら$55。
直前価格で安くなるらしい。
空きがあればだけど、交渉するまでもなく値段が下がる。

サンタ・クルス島から船で1時間45分。

galpagos19.jpg

正面のデッキに座って風に吹かれながら、気持ちよく寝ること1時間。
肌寒くなってきたけど、後ろのキャビンには戻れずに我慢すること45分。
フロレアナ島に着いた。

人口100人程度、ガラパゴス諸島の人が住む島としては極端に少ない。

galpagos20.jpg

島内見学。保護されたゾウガメだらけ。

galpagos21.jpg

インカとは関係無いらしいが、それらしい石の顔。

galpagos22.jpg

港にはアシカが居てのんびりしてたり、泳いでたり。。
でもやっぱり海イグアナ。

galpagos23.jpg

galpagos24.jpg

これがまた見ていて飽きない。
イグアナ、かっこよすぎ。

galpagos25.jpg

アシカはぐったり。ウミガメとかも泳いでるのが見れた。

シュノーケルは海水の冷たさを我慢しながら。
サンゴがあるとか言っていたが、全く無く。
シュノーケルとしてはいまいち。

galpagos26.jpg

galpagos27.jpg

エイとバラクーダの群れが見れたのが救い。

別のポイントに移って2回目のシュノーケル。
かずえは行ったけど、私は船の上から見守るのみ。
もう寒くて海に入れない。
赤道近くなのに、ガラパゴスの海は冷たすぎる。
なんで?!

アシカが一緒に泳いでくれたり、世界で3番目くらいに小さいガラパゴスペンギンが居たり。

galpagos28.jpg

かずえも寒さに負けて、疲れて寝てたり。

galpagos29.jpg

ペンギンが見られるのは珍しいらしい。

まあそんなとこの1dayツアー。
ガラパゴス、今のところ、期待した以上にはならず。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。