スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動が続くリマからキト

1月5日

まだ夜が明けたか明けないか。
ズガガガッというひどい音で目が覚めた。

事故ったらしい。
こんな、何も無い荒涼とした山岳地帯で。

lima01.jpg

眠いので、そのまま座っていたが、あまりに動かないので、外へ状況を確認に行く。

lima02.jpg

カーブで内側を走るトラックと接触。1階部分の窓が2枚割れていた。
幸い怪我人は居ない模様。快適なはずの料金の高い席が、この後9時間ほど窓無しとは悲惨だ。

事故現場で2時間待ち、ナスカの警察で1時間待ち。リマが遠い。
結局、3時間遅れの到着。

lima03.jpg

リマの宿はなかなか素敵なとこだった。
“ESPANA”、おすすめ。美術館みたいな内装。

lima04.jpg

宿、マッキー(ブエノスで会って、ラパスで再会)が居た。早くも再会。
アッキーも(同じくラパス以来)居た。

夕食はマッキーの友達、Mささんも加わって5人で中華街へ。
「UDON」と名の付いたメニュー、沖縄そばみたいでおいしかった。

リマ、わるくないかも。

1月6日

朝、この宿の面白さの一つ。
屋上をうろつく陸ガメ。

lima05.jpg

そして彫刻にとまるオウム。

lima06.jpg

さらに別のオウム。

lima07.jpg

人に慣れているハト。

lima08.jpg

再び、陸ガメ。全部で3匹。

lima09.jpg

屋上からの眺めもわるくない。
すぐ目の前にサンフランシスコ教会・修道院。

lima10.jpg

変わった宿NO.1かも。

ガラパゴスの準備で買い出し。
島なので、物価が高いことが予想されるわけで。
リマのスーパーでお買物。
旅の途中で壊れた防水デジカメも購入。同機種があった。

リマ、治安がわるいことで悪名高い街だったが、各コーナーごとにポリスがいるほどの警備っぷり。
しかも拳銃どころか自動小銃を抱えている人も。
さすがにこれなら強盗はでないか。

lima11.jpg

街中には所々にカテドラルとか教会とか。

でもそれよりも宿の陸ガメがお気に入り。

lima12.jpg

3匹仲良く。

マッキー、アッキー、さらば。
二人はサンフランシスコ村?へと旅立っていった。

1月7日

早朝、というかもはや深夜の移動。
6時25分の飛行機に乗るために3時半に宿を出る。

最近、拳銃強盗が出たと聞いてビビりながらのタクシー。
深夜は危険なためか、タクシーも奥さん同伴で二人体制。

何事もなかったけど、一応警察がパトロールしてた。
昼間に比べたらはるかに少ないけど。

quito01.jpg

空港から空港は寝ておしまい。
気が付けばキト上空。

36カ国目、エクアドル。
質問の一つも無くあっさり入国。

空港を出てもまだ早朝9時前。
高いとは思ったが、空港タクシーでノルテ(新市街)へ。
意外と宿が埋まっており、予定していた宿の向かいの宿へ。
安宿街になっていて、6,7軒並んでいた。

quito02.jpg

昼間は静かだったけど、夜はBARになっていて騒がしいこの周辺。

国立博物館が意外と興味深くてよかった。
無料。

quito03.jpg

キト、特に何するでもなく、うろついておしまい。
夜はなかなかいい街に見えたり。

明日はまた朝早い。4時半には出発。
二日も続けて変な時間帯だ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。