スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の瞬く町

12月11日

アタカマ砂漠の荒涼とした大地をバスが走り、
その向こうにボリビア国境との間にそびえる5000m峰の連なりが見えてくる。
バス移動に燃え尽きる寸前に到着。
サン・ペドロ・デ・アタカマ。
予定より1時間遅れ。上出来。

バスを降りたとこに客引きが数人。
こんな暑い中、ご苦労様。
前々から思っていたとおり、客引きについて行ってあげる。

アタカマの町は小さい。
町外れにある宿だったが、中心部まで歩いて5分。むしろ静かでちょうどいい。

砂漠の中にあることもあり、ここはかなり暑い。
暑い中、町から3キロのところにある、プカラ遺跡へ。
歩いて。

マチュピチュのミニ版って感じ。
遺跡もミラドールも両方とも一番上まで登り見渡す、アタカマの景色。
砂漠の中のオアシスと、連なる山々が見事なもの。

atacama01.jpg

atacama02.jpg

atacama03.jpg

atacama04.jpg

atacama05.jpg

atacama06.jpg

帰りは3キロのジョグ。
暑さでぐったり。
いやそれ以上に酸素不足で息切れしまくり。

ここ、サン・ペドロ・デ・アタカマの標高は2400オーバー。
富士山の五合目くらい。
酸素が薄いわけだ。

ここでは高度順応ついでに、高所トレーニング、かな。

run 3km(15km)

12月12日

朝、宿の前をパレード。
何かのお祭りらしい。

atacama07.jpg

レンタサイクルでアタカマを爆走。
トレックの高性能MTB、レンタサイクルでの走り心地は今までで一番。

atacama08.jpg

atacama09.jpg

そして自転車で50分くらいかかると言われた月の谷。
入場ゲートにあまりに早く着いてしまったので、そのままアタカマの町の外周を走る。
15キロ、快走。久々に気持ちよく自転車で走った。

が、結局ぐるっと町の周りを大きく走っただけ。
ついつい無駄に走ってしまった。

再び、月の谷へ。
ウチらの走力を持ってすれば、聞いていたよりもはるかに近かった。

ゲートまでは、ね。

atacama10.jpg

atacama11.jpg

入場ゲートから先がまだまだ広くて、サンセットまでに全てを見るにはけっこう急ぎ足。
移動の自転車、かなり頑張って走った。

バスツアーの人曰く「めっちゃ飛ばしてて目立ってましたよ」。

ミラドール(展望ポイント)からのサンセットを見るために、月の谷の奥の方から本気だったから。
おかげで余裕で間に合った。

atacama12.jpg

atacama13.jpg

atacama14.jpg

atacama15.jpg

日没後は再び、本気走り。
20時5分のサンセットで、レンタサイクルの返却が21時。
砂丘を下りて、月の谷を脱出して、町までちょうどいいくらいの時間。

21時5分前、余裕を持って到着。
ウチらはやはり速かった。

と、自己満足に浸っていたいところだが、
レンタサイクル、ショップがすでに閉まってる・・・。

21時閉店って言ってたのに。
ていうか、もう閉まってるなら、のんびりサンセットを楽しんで帰ってきたのに。

結局、翌朝一で返却に行くはめになった。

久々の自転車、気持ちよかった。

bike 45km

12月13日

アタカマの町に3泊もしてしまったが、
ここは意外と楽しめる町だった。

塩湖や間欠泉、温泉なども行ってもよかったが、
明日からのアンデス越え、ボリビア抜けのルートで似たような景色を見るので、行かず。

お手軽に楽しめる、サンドボードをやってみた。

滑る場所が「死の谷」。なんて名前だ。
確かにたっぷり滑ったら疲労で死にそうだ。
転んでも砂まみれで死にそうだ。

が、サンドボード自体はそんなに難しくなく、スノボーが滑れればどうってことない。
滑るために砂の山に登るのが大変なくらい。

一緒のツアーで行った欧米人の中には2本くらいで終わりにした人もいた。
ウチらはそこそこ頑張って7本。
多くても10本滑ればお腹いっぱいですな。

atacama16.jpg

atacama17.jpg

atacama18.jpg

atacama19.jpg

かっこいいとこだけ。

アタカマ、小さい町だけど、なかなかいいとこだ。

atacama20.jpg

町並み。

ここは世界でも有数の星空がきれいな町。
たしかに星の数はイースター島にも劣らず。
でも、月が頑張っていて、期待したほどではなく。

ただ、ここの星空、全ての星が瞬いていて、素敵でした。


現在、アンデス山脈を抜け、ウユニを経由し、ボリビアのラパスに今朝着きました。

アンデス越え、車とはいえ、標高4700m以上を抜け、酸素の薄さを実感。
4300mでのジョグは、3分しか走れず。
ふたご座流星群かどうかはわからないけど、流星は十分に見れました。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

遠いなぁ

げんきそうでなにより!
ところで正月は戻ってくるのかい?

>ジョージ

日本の裏側、ですかね。
標高が高くて、走ると大変だけど、元気です。

来年の新年会も欠席です・・・
ごめんね、帰国はもうちょっと先なので。

M澤の結婚式も欠席です・・・。
申し訳ない。。。
プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。