スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター島通信VOL.3

日に日に島の生活の楽しみ方を知っていくこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
晴れない日も無ければ、雨が降らない日も無く、強風が吹かない日も無いイースター島。
物価は大陸の2~3倍。新鮮な海の幸は最高。そんな島。


12月1日

今日もダイビング!
イースター島2本目。
朝の天気はいまいちながらも潜る時間には少しはマシになった。

ダイビングショップへと向かう途中、マガリ(フランス人、過去の日記参照)を発見。
日本人のYカさん(昨日、ウチらの前に潜ってた人)と一緒。
フランス語も英語も話せるそうで、マガリはいい相手を見つけたようだ。

easter25.jpg

さて、ダイビング。
今日の目玉はなんと言っても“海中モアイ”。
島にある約900体のモアイを全て見たとしても、この海中モアイを見なきゃ、全てを見たとは言えない。
しかもアドバンス(初心者じゃダメってこと)じゃなきゃ行けないポイントにある。
港からボートで4,5分、透明な海に沈んだモアイは素敵だった。
見たい人は行く前にダイビングのライセンスを取得しておくといい。
島での楽しみが一つ増える。

ダイビングの後は港でシュノーケル。

easter26.jpg

ビーチから1mでウミガメが見れる。
4,5匹は見られて、触れるくらい近くで一緒に泳げることもある。
優雅に泳いでた。

easter27.jpg

海で遊ぶ島の子たち。

easter28.jpg

モアイの後ろはすぐ港。

港にてマグロ漁に出かけるおじさんを発見。
「明日朝8時にここに来い」とのこと。
マグロを売ってくれるそうだ。
楽しみ。

run 1km(1km)

12月2日

朝8時に港へ。
朝市とかやってるのかと思いきや、昨日のおじさんがいるだけ。
市場に売る魚を直接売ってくれるらしい。
が、マグロは獲れなかったそうで、代わりにトビウオ!
5匹売ってくれた。1匹500ペソ。格安。

easter29.jpg

手に入れた魚とモアイ

easter30.jpg

いつもはサンセットだけど、朝のモアイもまた見とれる。

easter31.jpg

イースター島の新鮮な海の幸。
トビウオの刺身。
2匹焼き魚、3匹刺身にして食べる。
美味。

夕方、3時過ぎくらいになると海の波が落ち着いてくる。
今日はショウさんも一緒にシュノーケル。
ウミガメがいっぱい見れて満足の海。

easter33.jpg

島民はサーフィンやボディボードで海を楽しむ。

easter33.jpg

港の様子。
この中にウミガメがいる。
お手軽に見られて、毎日会いに来てたりする。

新鮮な海の幸、手に入れる方法がわかったので、明日また手に入れよう。

run 5km(6km)
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。