スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米のスイス、とか言われるとか

11月19日

サン・カルロス・デ・バリローチェ。
“南米のスイス”とか言われるらしい。
多分、“歩き方”にそう載ってたような。
アルゼンチン・チリ、“歩き方”無しだったけど、何とかなった。

さて、朝ご飯を食べてのんびりしていると、部屋に人が来た。

タカさん(ナイロビ、ヴィントフック、ケープタウン、ブエノスで会った)登場。
ブエノスアイレスから一週間くらい先行していたはずなのに追いつかれた。
昨日の深夜着だったそうだ。

ということで今日は3人で観光。
街の中心部からローカルバスを乗り継ぎ、
バスターミナル→カンパナリオの丘→セントロ(街の中心部のこと)とまわってきた。

次の目的地までのチケットが街で売ってなくて、わざわざバスターミナルまで。

カンパナリオの丘は街から18キロほどのところにあるちょっとした丘。
ロープウェーで往復できてお手軽。
地元で人気のデートスポット、といったところか。

この丘からの景色、天気がいまいちながらもなかなかいい。
“南米のスイス”とか言われるらしいが、個人的には“北欧”の方がしっくり来る景色。
北欧諸国、行ったことないけど。

夕食は3人で自炊。南米は自炊続き。
ワインとチョコ(バリローチェはチョコが有名らしい)とハンバーグ。
厨房をキッチンとして使わせてくれるこの宿“San Francisco”、
レセプションの緩さも含めて、何もかも快適。
ドミでa$30(連泊で割引)、バリローチェでは安い方かと。
おすすめ。

bariloche01.jpg

街の中心の広場で、記念写真に混ざる。

bariloche02.jpg

ロープウェー、晴れたり雨だったり。

bariloche03.jpg

湖の向こうはスイスっぽい?

bariloche04.jpg

これはなかなかいい景色。
天気がわるいのにそれなりに見えた。
天気がいいときに来たかった。

bariloche05.jpg

アルゼンチンの高校生になぜか人気。
一緒に写真撮られまくり。

bariloche06.jpg

タカさんと3人で。

bariloche07.jpg

街ゆくバス。観光バス?

11月20日

朝から雨。
一日中、降りっぱなし。たまに止むことも。

不思議なことにこの国の人、というかこの街の人、
誰も傘を差していない!持っている人さえも居ない!
フードをかぶってたり、そのまま濡れてたり。
雨とか関係ない、のか??

一人だけ、観光客っぽい人が傘を持っていた。

旅してる中で一日雨の日とかってすごく少なかったけど、
それって乾季だったり、そもそも雨が降らない地域だったり。
天気・気温などなど、自分たちにとってベストな時期にベストな場所を選ぶのは旅のルートとしては重要。
ウチらは比較的うまく回れてきたんだなあと、今さらながらに思う。

そんな、やることがなくて宿に居た一日。
ここから先のルート調べていたら、旅の終わりがおぼろげながら見えてきた、気がする。

11月21日

今日の夜行バスで次の目的地、メンドーサへ移動する。
メンドーサからチリのサンティアゴへ行く予定。

バスは15時半。
それまで、なかなかいい具合に晴れた街を散歩。

bariloche08.jpg

街の中心の広場も晴れるとこの通り。

bariloche09.jpg

強風で湖に白波が立っていた。
バリローチェがパタゴニア地方の北端。
これでパタゴニアともお別れか。
満喫した分、感慨深いものが無くもない。
が、期待が大きすぎたせいか、ちょっと物足りない感じ。
パタゴニアで感じられなかったものはこれから先のアンデス山脈で味わうことにしよう。

16時前にバスがバリローチェを出る。
メンドーサまで16時間。
リラックスシートで快適だが、長旅であることに変わらず。
もう慣れたもの、かな。

パタゴニア、バイバイ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。