スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ大陸の南の果て

10月18日

喜望峰、アフリカ大陸最南端。
だと思っていたら、アフリカ大陸最南西端だった。知ってました?

鉄道とレンタサイクルで目指す大陸の果て。
地図で見て片道20キロ程度。
ウチらにとっては余裕。

鉄道はなぜかサイモンズタウン手前でバスの振替輸送。
バスから潮を吹く鯨が見れた。小さかったけど。

レンタサイクルはサイモンズタウン駅から最寄りのお店で。
4台のMTBのみ。かずえの1台を除き、他はフロントタイヤの回転がわるい。
が、まあ大した距離じゃないし、別に気にするほどではないかな。
と思ったのが間違い。後でひどい目にあった。

capetown11.jpg

喜望峰へのサイクリング、まずはペンギン。
ボルダーズビーチにそれなりに居た。
もっと居るかと思っていたが、彼ら、絶滅の危機らしい。
ビーチへの入場料が少しでも種の存続につながりますように。

capetown12.jpg

カメラ目線。

capetown13.jpg

道は舗装路で走りやすく、きれいな海沿いは景色も飽きない。

capetown14.jpg

風が強く、アップダウンも激しい。

capetown15.jpg

振り返れば、走って来た道がはるか下。

capetown16.jpg

そしてケープポイントのゲート内で最初の登りを越えると広がる、最果ての景色。
車も少なく、自転車なんか走っていない。

capetown17.jpg

喜望峰は大西洋へと下った道の先。
かずえは下りで私をかわして軽快に飛ばす。
体重の差で速いらしい。

なんて思ってたら、原因はフロンタイヤの不具合。
回転がわるいどころではなく、常にブレーキがかかったような状態になってしまっていた。
どうりでペダルが重いわけだ。
おかげでここまで登り基調だったこともあり、予想以上に疲労。

capetown18.jpg

でもそんなの関係ない、壮大な景色が喜望峰へとつながっていた。
ダチョウもゴールを見守ってくれる。

capetown19.jpg

ケニアからとはいえ、縦断してきてのゴールは、かなり感動する。
それも、着いてからの感動よりもゴールへと向かうラスト数キロを走っているときの感動の方が大きかった。
自らを自由人と称した奴もこの道を通った。
行かずに死ねるかと行った奴もこの道を走った。
今、その同じ道を大陸の果てへと向かって走っている。
そう思うと感慨深いものがあった。

想像以上にハードな道を越え、たどり着いたアフリカ大陸の南の果て。
ホントは最南西端だけど、最果てなので、最○端でもいい気分。

ケープポイントはおまけ程度に行き、
帰りは雨に降られ、強風に吹かれてのサイクリング。

capetown20.jpg

雨上がりの景色がまたきれい。
最果ての帰り道に思う。
今まで走ってきた道より、これから走っていく道にドキドキするんだろうなと。

途中ですれ違った同じレンタサイクルのフランス人が無事に帰って来られたのか気になるところ。
原付組は後からきて、あっさり先に帰っていった。
さわやかに手を振ってくれながら。
レンタサイクルにしないでよかった、と思ったに違いない。

片道20キロ程度だと思っていた道のりはケープポイント往復で64キロ。
喜望峰までの往復をあわせると総走行距離は70キロくらいか。
どうりで疲れたわけだ。

ケープタウンに戻ったのは、20時過ぎ。
ゴールのご褒美は日本食“港”で寿司。新鮮なネタでうまかった。満足。
南アフリカ的には高いけど、日本で同じものを食べようと思ったらもっと高い。
アボカド寿司が美味。

10月19日

昨日帰ったら、宿に日本人が増えていた。
ヴィントフックで会った3人組が来ていて、ドミは6人中5人日本人。
Rいさん、Eさん、Tかさん。
3人は実はナイロビでも一日だけかぶっていた。
ここでやっと話をする時間が持てた感じ。
旅人の話は聞いていて面白い。

今日はテーブルマウンテン登山。
歩いて3時間もあれば登れる。

はずが、まさかの迷子。
道路は見えているのに、草木に阻まれてたどり着けず。
棘だらけのブッシュを突っ切って無理矢理の突破。
ケーブルカーの入り口に着いたときにはまだ登ってもいないのにぐったりしていた。精神的に。

喜望峰到達でアフリカに満足したウチらは往復ケーブルカーをあっさり選択。
ラクしてテーブルマウンテンの上へ。
ここに来るまでに苦労してるんだからいいでしょ。

capetown21.jpg

雲が次々にかかってくる山頂、というかテーブルの上。
この雲をテーブルクロスと言うらしい。

capetown22.jpg

街方向はなかなかいい眺め。
適度に入ってくる雲がむしろ高度を感じさせてくれていいかも。
ただ、海側は全く見えず。いくら待っても雲が晴れることはなかった。

capetown23.jpg

ケープタウン、そしてアフリカの見納めにはふさわしい場所。

標高700mもないライオンズヘッドとシグナルヒルは雲がかかることもなく、
海からの風をとらえてパラが何機か飛んでいた。
リッジのエリア。いつかここも飛びに来よう。
大西洋を見渡しながら、背後には街が広がるこの場所。
気持ちいいに違いない。

宿に戻ると日本人が増えていた。
Mえさん&Cひろさん。珍しいことに姉妹で旅行。しかも双子。
余っていたナミビアドルを交換してもらった。
ありがとう、助かりました。
「歩き方、東アフリカ」をお土産に。よい旅を。

アフリカでケニア以来、やっと多くの日本人会えた頃に、ウチらは南米へ。
同じく南米へと来るみなさん、またどこかでお会いしましょう。

アフリカ、ひと月半くらいで駆け足だったが、
思った以上に危険もなく、思った以上に楽しめた。
東アフリカ以外はもはやアフリカと思えない発展ぶりなのが、
旅行はしやすいものの残念なところでもある。
まだまだ行ってない国はあるので、またいつかアフリカの大地を踏みに来よう。
そのときは日本のみなさんもご一緒にぜひ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。