スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あくまで“東アフリカ”最後の楽園

10月2日

ヌングイから南へ2キロくらい。
情報ノートに「楽園」とまで書かれていたケンドゥワのビーチへ。

ビーチを歩いて30分とのこと。
ところが、満潮近い時間帯、ビーチは歩けない部分が多い。
なんで歩けないか?
高級ホテルが邪魔してるっ。
ザンジバルにこんな高級ホテルがあったのかと思わせるような豪華なホテルが建ち並ぶ。
そしてビーチから離れると、歩く道がなくなる。
ときには草木をかきわけ次の道へと歩くことも。

やっと着いたケンドゥワ。1時間以上かかった。
天気がなんかいまいちな感じで、海には入らず。
欧米人スタイルで寝て過ごす。

が、そのうち雨が降り出し、レストランへ避難。
2時間くらいで止み、再びビーチへ。

nungui01.jpg

快晴になり、そのきれいだという海へ。

nungui02.jpg

確かにヌングイよりは透明だけど、そんなに魚はいなくて・・・。
多分情報ノートに書いた人は海をあまり知らない人なんだろうなあと。
絶賛するほどではなかった。

アフリカにあって、リラックスできるここザンジバルは確かに楽園かもしれないけど、
あくまで“東アフリカ”最後の楽園、ということか。
期待しすぎてここザンジバルに来たせいもあるが、ちょっと物足りなさを感じてしまい、残念だ。
アフリカ疲れをリフレッシュするにはいいとこだけどね。

nungui03.jpg

nungui04.jpg

晴れた白砂のビーチと青い海は文句なしの楽園の風景。

帰り、干潮になったビーチを歩いて帰ってきた。
多少海に浸かりながらも、高級ホテルの障害をクリア。

途中の海は透明で意外といいシュノーケルスポットだった。
明日はここに来よう。

nungui05.jpg

ここにもクマノミ。

nungui06.jpg

海にせり出した高級ホテル。

nungui07.jpg

砂浜に作った城。

nungui08.jpg

干潮なら歩けるホテルのテラスの下。

ビーチを歩くこと30分程度、
行きの苦労と違い、あっさりと帰って来られた。

10月3日

日曜で仕事が休みか、ビーチを行き来する現地の人々の姿が多い。

タンザニアでは今月中旬に大統領選があるらしい。
その集会もあったようだ。
これは暴動になるのも納得の盛り上がり。

nungui09.jpg

午前中は目の前のビーチで過ごす。
沖まで行くと食べれるウニだらけ。
ただ、深くて潜ってられる時間がわずか。かなり深くて。
そう、沖に出ればそれなりの透明度。
岩の近くには多少魚がいたが、シュノーケルを楽しむほどではないかも。
ビーチと自分の間を船が横切るとちょっと焦る。

ランチ、いつも夕飯を食べる店に行った。
夜とメニューが違うかと思いきや、いつもと同じ。
うまいので、まあいいけど。

午後、干潮が迫ってきたので、昨日見つけたポイントへ。
まだ潮が引ききってなく、海に浸かりながらビーチを歩く。

nungui10.jpg

崩落している場所があって、びっくり。
昨日の今日でまさかこんなことになっていようとは・・・。

さてポイントに到着。
マサイ族の営業も海に入ってしまえば手の届かぬところ。
透明度はそこそこながらも青い海で何種類もの魚を見られて満足。
シュノーケルしてても全く飽きない。

nungui11.jpg

昨日のクマノミポイント。

nungui12.jpg

水面からでも楽しめる。

nungui13.jpg

でも潜る。

帰りに何箇所か遠浅の海に入ってシュノーケルポイントをチェック。
透明度は意外とよく、そこそこ魚がいる場所もあった。
透明なだけで全く魚がいないビーチも。

nungui14.jpg

海から見た高級ホテル。

nungui15.jpg

白砂のビーチ。

nungui16.jpg

寝て本を読んで過ごすのが欧米人スタイル。

海で泳ぎ倒し満足の一日。
これでとりあえず、ザンジバルに思い残すことは無い。

nungui17.jpg

夕方、宿の前でキハダマグロがあがっていた。

nungui18.jpg

きれいな夕日を眺めて平和なザンジバルに感謝。
たしかにここは楽園かも。

10月4日

朝、部屋の前の椅子に猫が寝ていた。
ちょっと微笑ましい朝。

nungui19.jpg

ヌングイにさらば。
ダラダラでストーンタウンに戻ってきた。

物価が上がっていることと、オフシーズンが過ぎてしまったことで、
宿はどこも高め。ヨーロッパ並の価格。
とはいっても$30前後。アフリカのくせに、高い。

nungui20.jpg

ストーンタウン、世界遺産にもなっている町。
ここは迷路のように道が入り組んでいる。

nungui21.jpg

方向感覚にはかなり優れている私だが、この町は把握しきれず。
でもこの迷ってる感覚が楽しかったりする。

宿は“Jambo GH”で、その前のレストラン“Green Garden”がwifi可。
アフリカに入って2回目のネット。
紅茶とコーヒーで2時間、ブログの更新とかメールチェックとか。
宿の部屋でも電波がぎりぎり拾える。

夜になると町のいろんなとこに屋台で出現する。

nungui22.jpg

タコ。これがうまい。

夕食は屋台の食べ歩き。
それで足りない分はローカルレストランで。

たっぷり食べて満足。
明日早朝のフェリーでダル・エス・サラームに戻る。

そのままタンザン鉄道の駅へ行き、ザンビアを目指します。
全ては鉄道の切符が取れるかどうか次第。

次の更新はザンビアから、かな。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。