スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダルシアの夏、グラナダ

今日、ポルトガルのリスボンに到着。
25カ国目、ユーラシア最西端の国。
スペインまで来たので、ついでといっては何ですが、予定外のポルトガル。
数日したらまたスペインに戻ります。


8月27日

朝から10時間半のバス。
バレンシアを朝8時に出て、グラナダに着いたのは18時半。
道中、バス停に寄り過ぎ。無駄に長い休憩もあるし・・・。
直通なら6,7時間で到着する距離だった。
夜行にしなくてよかったと思った。
こんなに停まられたら、ゆっくり寝てられない。

glanada01.jpg

アンダルシア地方の荒涼とした大地と丘陵を見ながら、
とりあえず、夕方、グラナダ到着。

ちょうど週末にあたったこともあり、一軒目の宿は満室。
二軒目、親日家のおじさん経営のホテルはとても感じよく迎え入れてくれて、
安かったのでここで決まり。
にぎやかな裏通りに面していて、夜中までうるさいけど、いい立地だ。

グラナダ、まだちょっと歩いただけだけど、
石畳と白い家の旧市街に、坂の多い街、ここはかなり好きかも。

8月28日

街散策。

glanada02.jpg

宿の前の通り。

glanada03.jpg

カテドラル。
行ったらシエスタでちょうど門を閉じるとこだった。
手前のかずえと比べると大きさがわかる。

glanada04.jpg

アジア、中東雑貨のお土産屋さん街。
あやしいモロッコ人が多い、との現地人談。
そんなことはなかったけど。

そのまま旧市街、イスラム街地区へ。
人気は少なかったけど、それは坂道が多く、複雑な道で迷いやすいから。
たまに見かける観光客もだいたい地図を片手にさまよっている。

glanada05.jpg

普通に歩けば、このとおり。きれいな街並み。

glanada06.jpg

そして坂を登りきると、グラナダの街、一望。

glanada07.jpg

バカンスで不在の家が多かったけど、素敵な街並みだった。

夕方、再びカテドラル(大聖堂)へ。
ここ、写真禁止なので、見せられないのが残念だけど、
大きさ、豪華さ、美しさ、どれも素晴らしかった。
イタリアのドゥオーモ(これも大聖堂のこと)の方が上だと思っていたが、
ここはカテドラルの勝ち。
でっかいパイプオルガンの音色も聴いてみたいところ。

夜はタブラオへフラメンコを見に行く。
タブラオとは酒場兼劇場のようなもの。
フラメンコは主にここでやっている。

で、そのタブラオ“アルバイシン”へ。
「店のまわりは夜は物騒なので」とバスでの送迎付き。
到着してびっくり。昼間来た展望ポイントの隣だった。
気が付かなかった・・・。

glanada08.jpg

で、フラメンコ鑑賞。
想像より激しく、パワーに圧倒された。
優雅に舞うだけかと思っていたら全くの別物だった。

glanada09.jpg

ショーの途中でベリーダンスも披露。
エジプトで見たものよりも洗練されていたような。
フラメンコの要素も取り入れてよりいいものになっていた。

満足の1時間。
本場のフラメンコ、一度は見てみて損は無い。

8月29日

世界遺産になっているという、アルハンブラ宮殿へ。
人数制限があり、人気のため、チケットは午前中で売り切れるとか。
で、朝8時30分のオープンにあわせて早朝の街を歩く。

スペイン人、朝遅すぎ。
夜は3時4時まで飲んで、朝は何時から起き出すんだ?
誰もいない朝の街をアルハンブラ宮殿へ向かって歩いた。
あまりに人が居なくて不安だったけど、数分したら前を行く家族連れが見えて一安心。
ゲート前についたら、次々にみんなタクシーで来ていた。
歩いてくる人は少なかったらしい。

「予約がうんぬん」とか係員が言ってきたが、かまわずにチケットブースへ。
普通に買えるし。
8時半に買ったのに、メインの宮殿へは9時半の入場、と時間指定。
宮殿前には暇を持て余した人が群れていた。

glanada10.jpg

宮殿とはいいつつも城砦。
グラナダの高台に街を見下ろすように建っていた。

glanada11.jpg

宮殿と言われる部分は細かい彫刻と装飾、緑できれいなもの。

glanada12.jpg

教会も中にある。

glanada13.jpg

優雅な内部。

glanada14.jpg

迷路みたいな砦の跡。

glanada15.jpg

城壁からはグラナダの街を見渡せる絶景。
遠くの山々まで。

でも、飛んでいるはずのパラグライダーは全く見られず。
グラナダ、パラグライダーで有名だけど、飛ぶエリアは見えないくらい遠くなのか?
残念ながら自分で飛ぶのは無理そうだ。
ちなみにタンデムは85ユーロ。
この際、タンデムでもよかったが、時間無く断念。
また別の場所で飛ぼう。

シエスタしてから、友人おすすめの、カルトゥハ修道院へ。
バスで15分程、それらしい場所で降りたら、一つ前のバス停だった。
修道院に着いたら、同じバスの人が何人もいて微妙な気分。

写真撮影禁止なので、見せられないけど、
繊細かつゴージャスな聖堂で、規模は小さいながらも見事。
聖堂よりも飾られている絵画の方が気になったけど。
変な絵だった。

glanada16.jpg

修道院からの帰り、歩いてきたら見えた凱旋門。
って程ではないかな。
ここから裏通りの商店街が続いていた。

夕食はメインストリートのカフェでケバブ。
道行く人を見ながら、のつもりが、みんなに見られながら。
同じ人が何度も行ったり来たりしていた。
きっと夕食をどこで食べようか探してるんだ。
ウチらと同じように。

明日はセビーリャへ。
アンダルシアの夏は暑い。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

あーアルハンブラ

いいよねえ。。。。
いままで見たイスラム建築、というか、
建築物全部の中で3番目にははいるほど好きやなあ。。。
また坂てくてく上って下りて、途中の住宅街がいい雰囲気で。
飯もうまいし。
グラナダまた行きたいなあ。。。

>ひげさん

アルハンブラから見渡したグラナダの街並み、いいですよね~。
坂のある街も好きなので、あの登り下りは個人的には好きです。
ひげさんとは好きな街の趣向が似てるかも。

ひげさん、世界のたいていのところには行ってるみたいですね・・・。
プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。