スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP OF EUROPE

現在スペイン、バレンシア。
明日25日、トマティーナ(トマト祭り)に参戦してきます。


8月17日

インターラーケンの天気はいまいちながらも、雲は高く、今までで一番山々が見えている。
目指すはヨーロッパ鉄道最高地点、ユングフラウヨッホ3454m。

interlaken07.jpg

昨日来たラウターブルンネンで乗り換えると鉄道は山の斜面をぐんぐん登っていく。

interlaken08.jpg

クライネ・シャイデックまで来ると標高は2000mオーバー。
さらに乗換え雲の中へと消えていく線路の先へ。

アイガーグレッチャー駅から先はすべトンネルの中。
雪に覆われた山々の下を線路が通っている。
途中に二つ駅があり、わずか5分の停車時間の間にみんな展望ポイントへと走る。
窓越しながらも氷河を眺めることができた。

interlaken09.jpg

2800mオーバーでこの景色。
ちょうど雲を抜けたくらい。

そして着きました。
インターラーケンから1時間半くらい、
登山鉄道の終点駅、ヨーロッパ鉄道最高地点、ユングフラウヨッホ3454m、
そこからさらに登った展望台へ。

interlaken10.jpg

ユングフラウとメンヒの間、標高3571mに到達した3人。
でもここは日本人が意外と多かった。

interlaken11.jpg

今にも崩れそうな斜面。

interlaken12.jpg

こんな高い所にもカラス、のような奴。

interlaken13.jpg

TOP OF EUROPE、3571m。

ユングフラウヨッホにもレストランがある。しかも4,5店舗。
ユングフラウの絶景を見ながらランチは言う事無し。

3454m地点は風の通り道で、地面が凍りつきまともに歩けず。
ユングフラウ、4168mは雲に隠れたままだったけど、他の山々は素晴らしい絶景を見せてくれた。

interlaken14.jpg

遠くに、アイガー。

interlaken15.jpg

凍った雪原で、爆風の中、はしゃぐ。

interlaken16.jpg

メンヒ、4107m。氷河トレッキングで登頂可能とか。

interlaken17.jpg

気温はもちろん氷点下。ダウンにレインコート着ても寒かった。

interlaken18.jpg

山の中に作られた氷の宮殿。

富士山の9合目くらいの標高なのに、雪に覆われた山々をこうしてお手軽に見ることができるのはすごいな。
誰でも簡単に来られる場所ってのがちょっと何か物足りないけど、
それで山の素晴らしさ・すごさを感じてもらえるのなら、まあいいか。
届きそうで届かない、アルプスの山々の頂上、
ここもまた、いつかアタックしよう。

寒さに震えた天空の世界に満足。
帰りはアイガーグレッチャーからクライネ・シャイデックまで下り基調のトレッキング。

interlaken19.jpg

雲の下に出て、見られた景色がこれ。
お気に入りの一枚。

interlaken20.jpg

牛を小屋に追い返すお母さんと犬の親子。
この牛追いと同じペースで雲の中を下ってきた。
景色は見れなかったけど、これもまたアルプスの風景。
数える程しか歩いている人は居なかった。

interlaken21.jpg

お互いに舐めあう牛たち。
小屋はもう近いらしい。
牛の放牧は毎日こうやって帰してるんだろうなあ。

interlaken22.jpg

帰りはグリンデンワルト経由。
車窓から、夕方の町並みがきれいに見えた。

下界は雨。
夕食は自炊。スイスは外食費が高い。
他の宿泊客も自炊で台所は混雑。
この宿、韓国人が多くて、この日はみんな集まって盛り上がっていた。
香港人が「あれとは一緒にしないでくれ」と。
欧米人もズンチャカ騒いでた。
地下のバーではもっと騒いでた。
ウチらは大人しいものだ。
3人で今日の登頂(?)に乾杯。

8月18日

インターラーケン最終日は街から近い展望ポイントへ。
ブリエンツ湖とベルナー・アルプスを見渡せるシーニゲ・プラッテ、2068mへ登った。
登山鉄道で。

interlaken23.jpg

こんな鉄道で、

interlaken24.jpg

こんな車内。

interlaken25.jpg

トゥーン湖が徐々に下へと離れていき、アルプスの山々が見えてきた頃が終点。
駅からすでにベルナー・アルプスの雄大なパノラマが広がっていた。

interlaken26.jpg

なぜかトランポリン。
すぐに息が切れたそうだ。

interlaken27.jpg

トゥーン湖と登山鉄道。

グリンデンワルトやラウターブルンネンの谷を見下ろしながら、
駅から頂上まで30分のトレッキング。
頂上からはブリエンツ湖とトゥーン湖、それに挟まれたインターラーケンの街並みが一望。
ベルナー・アルプスの山々はどれも上の方は雲に覆われていた。

interlaken28.jpg

頂上にて。

interlaken29.jpg

飛ぶとこんな感じ。

interlaken30.jpg

3人で。
天気がよければこの稜線をトレッキングしたいところ。

interlaken31.jpg

インターラーケン上空を飛びたいものだ。
次来るときはグライダー必須。
フライヤーのみなさん、飛びツアーでいかがですか?

interlaken32.jpg

雨が降り出して下山。
あとちょっとでアルプス山頂の雲が取れそうだったのに。

インターラーケンから、ウチらはジュネーヴへ、Yりこはチューリッヒへ。
ベルンまで一緒して、あっさりとしたバイバイ。
電車が出そうだから、と別れを惜しむ間もなく、Yりこは去っていった。
三日足らずだったけど、旅の仲間が増えて楽しかった。
あと、不要な荷物、持って帰ってくれてありがとう。

ジュネーブは意外と都市だった。
これまで山間部にしか滞在してなかったので、
初めてスイスの都市らしい都市を見た。
フランスっぽい雰囲気。
でも到着が夜だったので、何も見ることなくおしまい。
明日早朝にニースへ飛びます。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。