スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の都、パリ

パリが思ったよりも楽しくて、予定外に長く滞在してしまった。
しかも夜遅くまで出歩いて帰ってくるので、宿に戻った後もブログを更新する時間がなく・・・
遊びまくれるほど元気です。
そして、ツール・ド・フランスはすごかった。

パリでは三日間、Nぐさん(ハング・パラ関係の先輩)と一緒しました。
C大ハングのOBで二つ上。
いつぞやの龍門(飛びのエリア)以来、数年ぶりの再会です。
まさかのパリで。


7月22日

毎日エーゲ海を楽しませてくれたミコノス島にさらば。
ヨロン空港並に小さい、ミコノスの空港からパリのオルリーへ、ひとっ飛び。

出入国審査の無い国境越えは、何か足りなくて変な感じ。
国内線に乗っただけみたいな感覚で、ギリシャからフランスへ。
同じユーロ圏で、残金や両替を気にしないで済むのはありがたかった。

オルリーからパリの宿まではバスと地下鉄を乗り継ぎ、
宿に着いたのは21時くらい。
なんか先進国に来ちゃいました。

7月23日

「花の都」と言われるのにふさわしい街並み。
パリは街の建物が美しい。

今日はとにかく街歩き。

paris01.jpg

オペラからルーブルまで歩き、セーヌ川沿いを散歩。
サントシャペル、コンシェルジュリといった見所はおさえながら。
ノートルダム寺院は入場待ちの行列がディズニー並みだったので外から見ただけ。

ツール・ド・フランスの応援用にTシャツも買ってしまった。
ここでしか着ることが無いだろうに、それでも、、、着て応援したくて!
写真は、ツール当日の方で。

paris02.jpg

サントシャペルのステンドグラス。

paris03.jpg

ノートルダム寺院。

7月24日

パリのランドマーク、エッフェル塔へ。
ここでまさかの再会!
パリに来てることは知っていたが、まさかここで会えるとは。
インド、アーグラー以来のヒロ君&マユミさん。
お互いに無事にここまで来られてよかった。
世界一周中のお二人の様子はこちら

一緒にエッフェル塔に登った。階段で!
エレベーターを使うか、階段を使うかで入場料が違う。
階段の方が安い。しかも空いている。
長い入場の列に並ぶ気になれず、階段という選択。
学割の二人に続けて買ったら、何も言わずに学割にしてもらえた。

paris04.jpg

それなりにハードな階段。

paris05.jpg

展望台は屋外。開放感があっていい。
パリは高い建物がなく、エッフェル塔からの景色はいい。

お二人とはここでさらば。
ここからの旅の無事と、次の再会を願って。
ヒロ君&マユミさん、来てくれてありがとう!

エッフェル塔を降りるとこれまたまさかの再会。
飛び関係の先輩、Nぐさん(C大ハングOB、二つ上の代)。
現在、フランスでお仕事中。
ヴェルサイユ在住とのことで会う約束をしてた。
久々でも変わらない感じの足尾人(飛び仲間の通称)の空気。
会って「ボンジュール」とか言われたらどうしようかと思った。

パリ近郊の世界遺産、フォンテーヌブローへ連れて行ってもらった。
フランス在住、フランス語が話せる人に案内してもらえると助かる。
細かいところで困らずに観光がラクだった。

フォンテーヌブローはヴェルサイユを少し小さくしたような宮殿。
豪華な外見とそれ以上に豪華な室内、
広すぎる宮殿と庭で歩きつかれた。

paris06.jpg

これがフォンテーヌブロー。

paris07.jpg

宮殿正面から正門を見るとこんな。

paris08.jpg

Nぐさんに付き合ってもらった。
再会の喜びを体で表現?!

ディナーはパリで、Nぐさん、Tさん(Nぐさんの職場仲間)とともに、
Nぐさん行きつけ(?)のレストランへ。
パリの優雅な夜を過ごしてしまった。

paris09.jpg

パリ市内中心部は夜でもにぎやか。

paris10.jpg

セーヌ川沿いや観光スポットはライトアップも多し。
汚れが目立たない夜の方がセーヌ川は美しいかも。

Nぐさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。