スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空と海との間に

1月25日

キトからリマへひとっ飛び。
わずか2時間のフライトでペルーへ戻ってきた。

が、キトからのフライトが4時間遅れ。
早朝に出発したのに、リマの宿に着いたのは16時。長かった。

リマは空港内から空港外までタクシーやら客引きやら。
そんなうっとおしさにももう慣れたもの。
スペイン語だろうが英語だろうが日本語だろうが、微塵も動じず。
長旅で、神経が世界標準の図太さになったものだ。

リマの旧市街、前回も泊まった宿ESPANA”へ。
まさかの満室に、ごねてみると、安い隠し部屋へ通された。
美術館的なこの不思議な宿、まだまだ不思議だ。

lima13.jpg

絵画だらけ。4畳半くらいの部屋にでかい絵が3つもあった。

lima14.jpg

屋上をうろつく陸ガメ。
体長30~40センチくらいだけど、存在感はある。

lima15.jpg

レセプション前の頭蓋骨。誰のだ?!

夕食からの帰り、道端で日本人発見。
なんか見たことがある顔。

サンティアゴ、ラパスで会ったエリコ。
そしたらその隣に、ラパスぶりのチカちゃん。

で、二人の宿には、ラパスぶりのヒロシさんが居るというので会いに行くと、
なんと、同じくラパスぶり、まさかのイッセイ
さらにはカラファテぶりのたっちゃん。

lima16.jpg

最後の最後までサプライズ。
うれしい再会が待っていた。

明日はこっちの宿に移ってこよう。

1月26日

みんながいる隣の宿“San Francisco”へ移る。
が、ここの宿、部屋に空きがあるのに(名簿を見るかぎり)満室だとかぬかす。
空きは予約の部屋だとか。

仕方ないので、ヒロシさん&イッセイちゃんにお願いし、同じ部屋に入れてもらう。
5人部屋を2人で広々とスイートに使っていたので、一泊だけお邪魔。
ありがとう、助かりました。

と、こんな流れで旅の最後の宿は再会組と一緒の部屋。
これもうれしい展開だ。

旅の最終都市、リマ。
海でも見に、セントロ(旧市街)からミラフローレス(新市街)地区へ。

バスを乗り継げば、乗換えを教えてくれる親切さ。
犯罪で悪名高い都市といえども、一般人の多くはいい人だ。

海が見えてきた頃に、そのすぐ上を飛ぶ機体、パラグライダーだ。
なんと、ここで飛んでいたのか。

lima17.jpg

恋人たちの公園のすぐ横にテイクオフ発見。
旅の最後を締めくくるのは空か。

lima18.jpg

日本人パイロットのAキタさん(リマ在住20年)にお世話になり、
今回はタンデム。約10分のフライトで$50。
日本に比べたら激安。

お土産だと「$30?!」高くて、迷いに迷って買わなかったりするのに、
飛ぶとなると、迷いもなくあっさり$50を出すあたり、ウチらはやっぱりフライヤーだ。

機体レンタルして自分で飛びたかったが、
日本のライセンスも国際ライセンスも、ともに有効期限切れなので仕方ない。
またいつの日にか飛びに来よう。

さてフライトは風が強くなってきたところで、GO。
リッジエリアで海岸線の崖に沿ってのフライト。
マルコ(私のパイロット)&リオ(かずえのパイロット)の両名が、20分以上のフライトでサービスしてくれた。

準備からフライトまでそれなりにアシストしたからね。
何より、パイロットを乗せているということでアクロのサービスもしてくれた。

lima19.jpg

lima20.jpg

lima21.jpg

lima22.jpg

lima23.jpg

ビルのすぐ上を飛ぶことなんて日本では無い。
初めてでなかなか新鮮だった。
「何で日本ではビルの上は飛ばないんだ?」と。
何で、と言われても・・・、
そもそも日本は危険キケンうるさくて田舎でしか飛べないんだよ。

「今度は自分のグライダー持って遊びに来い。一緒に飛ぼうぜ」と。
ああ、いつか一緒に飛ぼう。
ちょっと遠いけど、多分、ここには飛びに来るだろうな。

lima24.jpg

lima25.jpg

lima26.jpg

lima27.jpg

ちなみにここ、エリアフィー無料。
広大なリッジと街中という素晴らしいアクセス。
日本のフライヤーのみなさん、おすすめですよ。
興味がある人は一報下さい。先方の連絡先お知らせします。
Aキタさん、ありがとうございました。

lima28.jpg

lima29.jpg

キトでの登山で締めくくったと思っていた旅も、
最後の最後まで楽しませてくれる。

マラソン走って、自転車乗って、山に登って、パラで飛んで。
世界の見たいところ、行きたいところを好きなように回って。
夢のような世界一周の旅が終わるその瞬間を前にして、
空と海との間を、飛びながら思う。

本当にいい夢を見れたな、と。

帰国して、夢から覚める。
そんな感覚。

でも、そんなわけがなく、帰国しても、ウチらは夢を見続ける。
世界を駆け抜けたように、日本でも走り続けながら。

lima30.jpg

地面すれすれを狙って滑り込むようなランディング。
普通のパッセンジャーだったらお尻擦ってるぞ。
「どうだ?気持ちよかったろ?」。
当たり前だ。Excellent!!

lima31.jpg

恋人たちの公園の像の前で。

lima32.jpg

最後の晩餐は宿の屋上でBBQ。
牛タン、砂肝、七面鳥。
日本人8人、市場で買ってきた好きなものを好きな勝手に焼いて食べる。
うまいっ。

1月27日

実質、世界一周の最終日。

だからといってジタバタすることもなく。
スーパーにお土産を買いに行ったり、
おいしいセビッチェ(魚介類のマリネみたいな料理)を食べに行ったり。
付き合ってくれた、たっちゃん&おりえさん、ありがとう。

lima33.jpg

なんかデモとかで盛り上がってた。

lima34.jpg

これがセビッチェ。4人盛り。

lima35.jpg

お気に入りのインカコーラ。
コカ・コーラ社製品です。

旅の最終日を旅の途中で出会った仲間と過ごせるのも幸せだ。

そしてそんな幸せな普通の一日を遅れることに感謝。

lima36.jpg

イッセイ&ヒロシさん。

lima37.jpg

たっちゃん。

lima38.jpg

夕日に照らされるサンフランシスコ教会。

旅人のみなさん、一足先に日本に帰国して待ってます。
日本での再会、もしくは世界のどこかでの再会、楽しみにしてます☆
みなさん、Buen Viaje!!

リマを23時半過ぎに出発の予定だった帰国便。
まさかの3時間遅れで、出発したのは夜中の3時前。
バイバイ、ペルー。バイバイ、南米。
日本へ向かいます。

また来ようっと。

席に座ったと同時におやすみ。
でも機内食は起きて食べて、またおやすみ。

ニューヨークの乗り継ぎ、4時間あったのに、これで1時間足らずになってしまった。
間に合うのか、最後まで気が抜けない。
まあ、ニューヨーク観光ができるなら一日くらい遅れてもOK、なんて思ったり。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

移動が続くリマからキト

1月5日

まだ夜が明けたか明けないか。
ズガガガッというひどい音で目が覚めた。

事故ったらしい。
こんな、何も無い荒涼とした山岳地帯で。

lima01.jpg

眠いので、そのまま座っていたが、あまりに動かないので、外へ状況を確認に行く。

lima02.jpg

カーブで内側を走るトラックと接触。1階部分の窓が2枚割れていた。
幸い怪我人は居ない模様。快適なはずの料金の高い席が、この後9時間ほど窓無しとは悲惨だ。

事故現場で2時間待ち、ナスカの警察で1時間待ち。リマが遠い。
結局、3時間遅れの到着。

lima03.jpg

リマの宿はなかなか素敵なとこだった。
“ESPANA”、おすすめ。美術館みたいな内装。

lima04.jpg

宿、マッキー(ブエノスで会って、ラパスで再会)が居た。早くも再会。
アッキーも(同じくラパス以来)居た。

夕食はマッキーの友達、Mささんも加わって5人で中華街へ。
「UDON」と名の付いたメニュー、沖縄そばみたいでおいしかった。

リマ、わるくないかも。

1月6日

朝、この宿の面白さの一つ。
屋上をうろつく陸ガメ。

lima05.jpg

そして彫刻にとまるオウム。

lima06.jpg

さらに別のオウム。

lima07.jpg

人に慣れているハト。

lima08.jpg

再び、陸ガメ。全部で3匹。

lima09.jpg

屋上からの眺めもわるくない。
すぐ目の前にサンフランシスコ教会・修道院。

lima10.jpg

変わった宿NO.1かも。

ガラパゴスの準備で買い出し。
島なので、物価が高いことが予想されるわけで。
リマのスーパーでお買物。
旅の途中で壊れた防水デジカメも購入。同機種があった。

リマ、治安がわるいことで悪名高い街だったが、各コーナーごとにポリスがいるほどの警備っぷり。
しかも拳銃どころか自動小銃を抱えている人も。
さすがにこれなら強盗はでないか。

lima11.jpg

街中には所々にカテドラルとか教会とか。

でもそれよりも宿の陸ガメがお気に入り。

lima12.jpg

3匹仲良く。

マッキー、アッキー、さらば。
二人はサンフランシスコ村?へと旅立っていった。

1月7日

早朝、というかもはや深夜の移動。
6時25分の飛行機に乗るために3時半に宿を出る。

最近、拳銃強盗が出たと聞いてビビりながらのタクシー。
深夜は危険なためか、タクシーも奥さん同伴で二人体制。

何事もなかったけど、一応警察がパトロールしてた。
昼間に比べたらはるかに少ないけど。

quito01.jpg

空港から空港は寝ておしまい。
気が付けばキト上空。

36カ国目、エクアドル。
質問の一つも無くあっさり入国。

空港を出てもまだ早朝9時前。
高いとは思ったが、空港タクシーでノルテ(新市街)へ。
意外と宿が埋まっており、予定していた宿の向かいの宿へ。
安宿街になっていて、6,7軒並んでいた。

quito02.jpg

昼間は静かだったけど、夜はBARになっていて騒がしいこの周辺。

国立博物館が意外と興味深くてよかった。
無料。

quito03.jpg

キト、特に何するでもなく、うろついておしまい。
夜はなかなかいい街に見えたり。

明日はまた朝早い。4時半には出発。
二日も続けて変な時間帯だ。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

空中都市マチュピチュ

1月2日

クスコを早朝に出発して、マチュピチュへと向かう。
正確にはマチュピチュ遺跡の入り口にあるマチュピチュ村へ向かう。

マチュピチュ村へは鉄道を利用。
ペルーレイルのオリャンタイタンボ駅までは乗り合いバスで1時間半。
峠を越えて、山の中、そこそこ開けた町へ。

machupichu01.jpg

鉄道は“EXPEDITION”号。全部で4クラスある鉄道の下から二番。

machupichu02.jpg

それでもおやつ&ドリンク付き。
天井に窓が付いていて、外の景色を存分に楽しめる。
が、言うほどの絶景が広がることはなく、半分寝ながらマチュピチュ村へ到着。
天気がいまいちなので、仕方ない。

マチュピチュ村は雨。
日本の温泉街のような建物の並び様と街の雰囲気。
温泉もあるから、まさにハマった風景だ。

移動メインの一日。
村は30分も歩けばひと回り。
年始、日本人の姿は見当たらず。

明日に備えて早寝。

1月3日

早起きはワイナピチュの登山権を得るため。
一日400人しか登らせてくれないこの山は、遺跡の裏手にそびえ、そこからの景色は絶景とのこと。

5時半から走るバス。
5時には行列ができているとのことで、半信半疑で頑張って早起き。
朝から雨模様。
こんな天気の中、並ぶやつなんて・・・

と思ったら、5時過ぎですでに長い列。
雨の中、並んだ。
このまま雨でもみんなワイナピチュに登る気か?

マチュピチュに入場してすぐにワイナピチュの入り口を目指す。
が、ワイナピチュの入場券はどこでもらえるんだ?
と、ゲートに戻る。
「これですよ」とチケットのスタンプを指差す。
どうやら入場と同時にワイナピチュの入場権を得られたらしい。
7時からの回だった。
10時からの回はすでに定員(200人)だってさ。
これ、朝の6時頃の話。

machupichu03.jpg

遺跡が雲の中だというのに、朝からみんなご苦労さんだ。

machupichu04.jpg

で、7時からの入場でワイナピチュへ。
こんな雲の中の絶壁を登ることになるとは。

しかも、けっこう激しい登り。
足を踏み外して滑落する人がいるってのも納得。

machupichu05.jpg

いつの間にか雨も止み、山の上に遺跡が見えてくる頃には頂上間近。
しゃがんで岩の隙間を抜けたり、梯子で岩の上に登ったりと、
普通のマチュピチュ観光とは程遠い険しい道を頂上まで。

が、頂上は雲の中。
マチュピチュは全く見えず。というか景色が全く見えず。

そんな中で待つこと1時間。

machupichu06.jpg

雲が薄くなってきて。

machupichu07.jpg

さらに、雲が消えてきて。

machupichu08.jpg

やっと姿を現したマチュピチュ。
これぞ空中都市。

わざわざ朝から並んで登った甲斐があるというもの。
文句無しのマチュピチュの展望台ですな。

machupichu09.jpg

いくら写真に撮っても、いくら見ても飽きない景色だった。

machupichu10.jpg

すっかり晴れて、下りながらも絶景を満喫。

machupichu11.jpg

でも朝早くから登った人たちは、下山とともに遺跡の中でこの転がり様。
そりゃあ眠いし、疲れるだろうな。

machupichu12.jpg

元気なのはリャマくらい。
遺跡にリャマの姿が似合ってる。

machupichu13.jpg

マチュピチュ、想像していたよりもはるかにいい場所だった。
遺跡でこれだけ飽きずに見ていられるのは珍しい。
大抵の遺跡は1,2時間もすれば飽きてしまうのに。
早朝6時の入場で、13時くらいまで。たっぷりと遺跡を楽しんだ。

マチュピチュ村への帰りは歩き。
あえてバスを使わず。山から下るだけだし。

なんて思ってたら1時間もかかった。
気軽に歩くには遠い。
途中、特に見所も無く。
歩いている人は、ほとんど居ない。

ワイナピチュ登山と遺跡の歩き疲れを癒すべく、村内の温泉へ。
水着で入る温泉プールのようなもの。
ウチらにとっては、それでもとっても気持ちいい。

この温泉、大人気。遺跡と同じくらい混んでいた。

1月4日

マチュピチュにさらば。
この村は長くても二泊くらいしかしない人ばかりだろうな。

帰りの鉄道も往路と同じく、おやつ&ドリンク付きの快適列車。
天気が良かった分、来たときよりも景色を楽しめた。

オリャンタイタンボからはタクシーでクスコへ。
バスやタクシーの客引き合戦が激しかった。

シェアした2人はペルー人。
マチュピチュをリャマジャージのペアルックで歩いていた夫婦だった。
あれだけ人がいる中で唯一見覚えのある2人。偶然とはいえびっくりだ。

machupichu14.jpg

峠越えの山道は山岳地帯に広がる高原を抜ける道。
晴れていると景色はなかなかのもの。

クスコに着いたその日の夜行バスでリマを目指す。
バスの時間までマックでネット。
100円マックならぬ、s/.2.9マック(約87円)。

17時半発のバス、年末年始をクスコで過ごした人がリマへと帰るのか、
バス停には見送りの人、多数。
リマまで20時間、この旅最後の長時間バス移動、のはず。

クスコ、マチュピチュ、バイバイ。


といったところで、現在ガラパゴス諸島に来ています。
明日から3泊4日のクルーズ。島巡り。
ネット環境もいまいちなので、更新は遅れますが、多分無事です。

HPも更新してますので、こちらもぜひ。

世界一周二人合宿:http://runningstars.web.fc2.com/world.html

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

花火が咲き、爆竹がBGMの年明け

1月1日

そんな年明けもわるくない。

いや、むしろ好き。

旅に出て380日目に、海外で迎える二度目の新年。

そして旅も残りわずかになってきた。

2011年の抱負とかあえて書かないけど、

今年もまた、激しい年にすることには変わりない。

スタートとゴールがあれば間の距離は気にしない。

cuzco17.jpg

cuzco18.jpg

cuzco19.jpg

cuzco20.jpg

激しかった年越しの様子。

cuzco21.jpg

元旦、朝になってみれば静かなもの。
昨夜のバカ騒ぎはどこへやら。

cuzco22.jpg

クスコの元旦は晴れ。
気持ちのいいスタートだ。


そうそう、これだけは書かせて下さい。

箱根駅伝、早稲田、優勝おめでとう!
大学駅伝三冠もおめでとう!
もはや襷をかけて走るランナーがかなり年下になってしまったこの頃ですが、
それでもうれしいものはうれしいです。

優勝のその場に居合わせたかったけど、
居たら、多分、泣いてたな。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

クスコで年越し

12月30日

ミラドール部屋とも今日でお別れ。
朝食は今日もレチェ(ミルク)が無い。
日本人価格で安くしてくれているので、細かいことはよしとしよう。

ボリビアから35カ国目、ペルーへ。

cuzco01.jpg

田舎のしょぼい国境でゆるい感じ。
あっさり通過。

cuzco02.jpg

ティティカカ湖畔の景色を楽しみながらプーノへ。
ここで、乗換え。
そしてさらに長いバスの旅は続く。

cuzco03.jpg

クスコに着いたのは20時。
コパカバーナを出てから12時間、やっと着いた。

“ペンション花田”評判どおり、オーナーの感じがわるい。
夜景がきれいなのが、唯一のいいポイント。

クスコ、かなりの観光地で夜もにぎやか。
s/.10(約300円)でコースが食べられてとりあえず満足。

年末で宿を心配したが、全くその心配は無用らしい。
“ペンション花田”に関して言えば、ガラガラ。

坂の街、世界遺産の街、クスコ。
ここで年越しに決まり。

12月31日

日本との時差14時間。
こちらでは早朝、紅白歌合戦をテレビで観たり。
二年連続での海外での年越し。
紅白とかもはや懐かしささえ感じてしまう。

宿を移り、快適さアップ。
いくら「歩き方」に載っていても、ダメな宿はダメだな。

さて、こちらの宿、情報ノートで見たおすすめの宿。
今朝まで日本人が10人居たそうだが、全員マチュピチュへと行ってしまったそうだ。

日本人の客は夫婦が一組、Aびこ夫妻
東回り世界一周中で、旅は始まってまだひと月半くらいだとか。
ぜひぜひ彼らの旅の様子を見てみて下さい。

クスコ、年末のせいか人が多い。
ここはペルー人にとっても観光地らしい。

街の様子でも。

cuzco04.jpg

宿の前の道。
ここ、クスコは坂の街。
激坂だらけ。

cuzco05.jpg

アルマス広場。クスコの中心。
年越しはここが戦場と化す。

cuzco06.jpg

観光客が皆無だったけど、14角の石。
このどこかにある。

cuzco07.jpg

答えはここ。
「歩き方」には載ってるけど、マイナーらしい。

cuzco08.jpg

こっちの方が人気、12角の石。

cuzco09.jpg

こんなに混んでた。

cuzco10.jpg

街中は坂だらけ。

cuzco11.jpg

絵になる場所も多し。

街を歩いていたら、偶然の再会。
ラパス以来、ケイスケさん。
まさか追いつくとは思ってなかったけど。
他にも、同じくラパスぶりのケン君。
会えなかったけど、同じ場所にこなつさんもいた。
激しい年越しは次の記事で。

cuzco12.jpg

坂の上から見渡すとこんな景色。

cuzco13.jpg

で、夜はこうなる。きれいでしょ。
今のところは。

大晦日、ディナーはそのAびこ夫妻と、アルマス広場に面したレストランで優雅に。
年末くらいは豪華に、ね。

cuzco14.jpg

アルパカのステーキ、約900円。
ステーキは牛の方がおしかった。

大晦日、アルマス広場に集まった人々の騒ぎっぷりはまた次回。

cuzco15.jpg

年越しの暴動前、まだ写真を撮ってられる状況のうちに一枚。
Aびこ夫妻と。

cuzco16.jpg

そして2010年が終わりを告げる・・・
花火と爆竹の嵐の中で。

それはまるでウチらの激動の一年のように荒ぶる・・・。


と、続きはまた次回。
まだリマの宿に居るけど、夜中の3時に宿を出て空港へ。
あと4時間後なんですが、すでに眠い。
空港泊の方がよかったかも。。。


チョリタスレスリング」、「富士山よりも高い湖」アップ済み。
順番にどうぞ。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。