スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対岸はウルグアイ

10月25日

ブエノスアイレスから船で1時間。
対岸の町、コロニア・デル・サクラメントへ。
1泊2日のウルグアイ。

スローボートで3時間のつもりが、1時間で着いて慌てて下船。
船会社のお姉さん、スローでいいって言ったのに、高速船を売りつけたな。

コロニアの旧市街は世界遺産の町。

coronia01.jpg

灯台から見渡せる町並み。

coronia02.jpg

石畳と石壁の家々が町を作る。

coronia03.jpg

町並みの美しさを歩いて味わう町。

1時間も歩けば見所は回れてしまう。
小さい博物館がいくつかあるらしいが、一つも入らず。

宿の自転車でサイクリング。
旧市街から郊外へ。
川沿いはビーチが広がっていた。

coronia04.jpg

チュロスおばさん。

coronia05.jpg

いちおう、川。海みたいに見えるけど。

町から自転車で20分。競馬場があった。
その周辺は馬の放牧だらけ。しかもサラブレット。

coronia06.jpg

療養中の馬はこのとおり。

ちょうど輸送される競走馬を見た。
大西洋の向こう、ポルトガルへと売られたそうだ。
新天地で頑張ってほしい。

ざっと10キロ程度のサイクリング。

夕食は宿のスタッフおすすめの店へ。
コロニアの名物という料理をすすめられたが、
なんてことは無い、でかいハンバーガーだった。
食べ過ぎた。

夜の町はこれまた静か。
もっとうろついている観光客がいるかと思ったが、全く見かけず。
野良犬が護衛についてくれた。

coronia07.jpg

夜の灯台。
左の道路に護衛してくれた犬の姿。

世界遺産の町、静かな夜だった。

10月26日

宿で朝食から昼まで宿の中庭でのんびり。
早朝の船で着いた人が次々にチェックインしてきた。

ランチは昨日の夕食と同じ店で。
同じくハンバーガーのでかいやつ。
うまい。

coronia08.jpg

旧市街を回りきってしまい、食後のシエスタは港で。
ベンチで快適に昼寝。

coronia09.jpg

デッキで直に寝る姿も。

coronia10.jpg

サイクリストも多かった。
ウルグアイカラーのジャージを着て、ロードが数台、MTBも数台。

ウチらもレンタサイクル。
再び、町から郊外へ。

coronia11.jpg

30分も走れば、この景色。
牧場が広がり、馬や羊が放牧中。

coronia12.jpg

コロシアム?のようなものも。
現在は使われてない様子。

coronia13.jpg

川沿いの砂浜を馬が散歩。

coronia14.jpg

最後は自転車屋さんの返却時間(営業時間)に間に合うように、
夕日の沈む川を横目に快走。

コロニア、お腹いっぱい。

ブエノスアイレスへと向かうフェリー。
出発時間がまさかまさかのアルゼンチン時間。
時差のせいで1時間余分に待たされた。
ウチらだけじゃない。乗客全員。
不親切な案内とダイヤだ。

往復ともに同じフェリーにブエノスの高校生集団、
二日間のウルグアイツアーだそうだ。
「日本人と初めて話せてうれしい」とカトリーナ。
単純な理由がゆえにうれしいものだ。
日本の女子高生に囲まれたらヤダけど、アルゼンチンなら良し。
スペイン語で話されてほとんど意味不明だが、とりあえずいい気分。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
1979年1月生まれ
Partner:かずえ
1981年2月生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。